OUR FAVOURITE SHOP

私が競技者でいる理由(1)

Posted by Cafe Bleu on   0 

DSC01890.jpg


私が競技を始めたキッカケ…

10年ぐらい前になりますかね。
息子が中学で陸上部に入ったのが、

今思えば 運の尽き。笑

私が、45・46歳の頃だったかな?
すでに現役を退いて28年以上・・・
(高校まではわりとマジな陸上部でした)


自分に優しく 人に厳しく。


を、モットーに
ずっと生きていましたからね。

競技というものから一番遠いところにいたはずなのに
何でまた始めたのかなぁ???


そもそも家庭の事情で大学進学をあきらめ、
美容師である母親の言うままに
美容学校に入学するしか道がなかったので、

同時に陸上競技も
諦めざるを得なかったですからね。
きっと自覚もないまま
何かがくすぶっていたんでしょうね…笑

今の仕事、美容師の道は、
そもそも なりたかろうが、なりたくなかろうが、
一旦始めた事はてっぺんを目指そうと
がんばってきただけで、、、

いまだに美容師はやりたかった仕事ではありませんけど。笑
(その話は以前の記事で→この辺 )




というわけで、大学進学を諦め(させられ)、
競技者としての未来もなくなった私は
しがない美容師見習い生になりました。

それからというもの、
何をやるにも、学生時代に付けた筋肉が
邪魔をしました。


美容の仕事はなによりも 繊細さ


を求められます。
私の指の力は相手にダイレクトに伝わります。

今までの自分は、
何事も「力ずく」で解決していました。


筋肉いらねー!


昇級試験は一発合格を目指すも、
受けるたびに全て「不合格」
そじて何度も何度も試験を受ける日々・・・


筋肉いらねー!


同期の中で一番になりたいなら、
今の私に必要ないものはやはり「筋肉」…


筋肉いらねー!



私は力を無くす事から始めました。
なるべく筋力を使わず、


繊細に丁寧に…

無駄の無いしなやかな動きを心がけ、
その動きを体に叩き込みました。

「反復練習」です。

頭で考えられないのなら、
毎日毎日同じことを
何十回も何百回も繰り返す。

それしかできない。それしかしない。

そして、筋肉を無くす為には
健康を害する事もしました。

一番美容師らしい…そう、夜型生活。

もやしのように陽に当たらない生活は
筋肉をどんどん無くしていきました・・・


当時は、どんな些細なことも
筋肉の付き方を考え、
力を抑える事、そればかりを考えていました。

その頃の名残で
カバンを左手で持つのがすっかり癖になってます。笑

そんな28年です・・・


競技者からは一番遠い場所に身を置いて来たのに
何でまた来たのかなぁ?



それは中学に入学した息子が
陸上部に入ったことで始まりました。

息子の練習風景が余りにも酷くて、
「お手本を見せると」いう名目で、やってみたら…

全く動けない自分が・・・
想像していた自分とはあまりにも違う・・・(-_-;)


元陸上部ですからね、
頭の中ではしっかりシュミレーションが出来ているのですよ。


でも、体が動かない…


その日はイライラして息子に八つ当たりですよ。
全くたまったもんじゃないですよね。
親父の八つ当たり。笑


そして、
自分の不甲斐なさには落ち込みましたが、
息子に「手本を見せる」と言った以上、
見せてやることしか考えなくなりました。

その頃は店も忙しく、
美容の勉強の他に運動の基礎知識…
暇があればネットで情報を探り、

運動に関する知識(スポーツ科学)が昔と変わったことも
その頃知りました。


美容も、運動も、昔とは違う!


世の中は進化しているのに、
自分は化石化していました。

だから、全てをやり直すかのように
美容も運動も「鍛錬」しました。

その為には、
基礎体力作りから始めなくてはいけません。
まず始めに一日5~10kmウォーキングからです。

最初の日は筋肉痛と言うより疲労感。
それが1週間ほど続きます。

まずこれを越すのに一苦労します。

そして、そのウォーキングを2~3か月続けたら
体重が6~8kg落ちました。

そのお蔭で腰痛は無くなり、
そこそこ脚力も付いたのですが、
そこからがまた大変・・・

そう、筋トレです。


結局また筋肉!笑


ウェイトリフティング的な
「ベンチプレス」を始めたばかりの頃には、
30kgをギリギリ挙げられるかどうか・・・

中学女子より筋肉が無い自分が情けなかったです。

スクワットもたった40kgがキツイ・・・
何なのこの体?
俺のどこに筋肉は行ってしまった?
(いや、自ら無くしてるだろ?笑)

走ってみたら、
フォームは我ながらキレイなのですが
一向に前に進まない…

本当にどん底。

ウォーキング程度で
なんでも出来ると思う事が甘かった…汗

それでも、週一でジムに通い
自分なりに頑張っていたのですが結局は素人!
正しい筋トレのやり方も知らないし
何をどうしたら筋肉が付くかもよく分かりません。

とにかく初めは行ったり行かなかったりで
1~2年過ぎました。

その間、ジムに集う方たちとそれなりに顔見知りになると
2年目にしてやっと話しかけられるようになりました。

だって、筋トレやっている人たち
見た目怖いじゃないですか???

到底話なんかできないから、
適当に練習してすごすご帰る日々だったのですが
どうにもならなくなった頃思い切って話しかけてみたのです。

そして話しかけてみたら、
見た目一癖はあるものの、みんなすごくいい人なのですよ。

元オリンピックに出た人とか、
空手の師範代とかボディビルダーとか、
物凄い方々でした。汗

そして、筋肉の付け方のいイロハを
細かく、それぞれ癖がある教え方で
指導してくれるのですが、

言っていることが全員違う!!!

もう~~わけがわからなくなる。汗
でも、教えて貰っている立場だから何も言えず、
全員の話を聞いて、自分なりに答えを見つける日々・・・

そして そこから「自分流」 見つけていったのです。


つづく。


November.23.2018 店主
関連記事

Cafe Bleu

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する