OUR FAVOURITE SHOP

生みの苦しみ

Posted by Cafe Bleu on   0 

01250e68be4856e06ddddc55064023ac2689086d65.jpg


「創り出す人」には痛いほど刺さるだろう…


NHKの朝ドラ「半分・青い。」
ここ数日のヒロインの感情表現に
涙が止まらなかった…

「少女漫画」を題材にはしているが、
これは、どのような仕事にも言えると思う。

何もないところから想像し、
創り出す人というものは、
自分を限界の境地まで追い込み
そして逃げ場を失う。

それでも何とかしようと
もがいて、もがいても、前には進めず
自分の足元さえ崩れ、
立っている場所さえなくなり、
それでも何かにすがる様に
糸を手繰り寄せる。

どんなに苦しんでいても
誰も助けることはしない・できない。

それが「クリエイティブ」の世界だから。

力なき者は落ちていく。
実力があるものだけが残れる・・・

いや、そんな綺麗事だけではない。
実力がなくても、
容姿や家柄で救われる時もある。
それも実力のうち。

才能がある人など
掃いて捨てるほどいる。
自分に自惚れた瞬間に
どん底に落ちる。

人々はそれを楽しむかのように
見守るだけだ。


追いかけて
追いかけて
おいかけても
追いつくことが無い。

安住の地を探しても
それはどこにも存在しないのだ。

自分が求めているのは「何か?」
そればかり問われる。

いや、誰も求めてないのかもしれない。
でもその答えを見つけようとする。

そうしなくては、何も解決しないから。

そしてまた自分の求める「世界」を
追いかける。
どこにも無いのに・・・

気が変になる。

目が現実でない場所を見続ける。
会話が成立しない。
感情が満足しない。

そして、傷さえ感じなくなる・・・


創作の世界で「凡人」が天才を目指すと
そうなる・・・
それを経験してきた。

だから、あの迫真の演技は
涙が止まらなかった。

足りない自分を知っているから
満足できない自分を知ってるから
どこかで「こんなものだろう?」
と、自分を慰める。
そしてその場を離れないでいる。

離れることもできるのに
逃げ場さえ破壊してしまうのだ。

だって逃げ場など
自分の世界に存在しないから。

いつも何かと戦ってる。
凡人である私が…


そして、
辛さを越して楽しくなるまでに
50年もかかった。

だからゴダイゴの「ガンダーラ」を聞くと
涙が止まらないのか。
「ユートピア」は自分の中にしか無いから…


July.04.2018 店主


関連記事

Cafe Bleu

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する