OUR FAVOURITE SHOP

いろいろと見極め時・・・

Posted by Cafe Bleu on   0 

01f4d462f9fc60d24eb5eb17e612000803eea4664d.jpg


時代の変わり目…

ここ数年の出来事を目の当たりにして、
誰もがそんな実感を抱いているのではないでしょうか?

当たり前と思っていた常識が通用しない。
今までの概念が古くなり、
新しい概念に移行しつつある…

今までに経験したことのない変化に
先が見えない不安を抱きながら、
今後の身の振り方を考える…

どの業界もそんな感じかと。
さて、美容界はどう変化していくか?

わたし個人の見解ですが、
「瞬発力」&「持久力」のバランスが
今後キーポイントになってくるのでは?


「瞬発力」=「技術力」

「持久力」=「経営手腕」

でも、この二つを持ち合わせる人は
そうは居ない。


個々のお客様に 今、最大限に似合うスタイルを提供して、
写真映え(インスタ映え?)するような
スタイリングをつくれるのは、
間違いなく「瞬発力」以外の何者でもない。

持って生まれた感性と技術へのこだわりが際立つ
いわゆるヒラメキ型。

時代の変化に敏感で、
常に新しいことをお客様に提供したい!
と思っているサービス精神が旺盛なのが
このタイプか?笑


ただし、先々までは考えず、
その場その場を美しく輝かせることに特化し、
つい、クオリティにこだわってしまう。

普通のヘアカラーひとつ取っても、
毛先、中間部、根元と、きっちり同じ色になるよう
カラー剤を数種類使うこともあるし、
新しいカラー剤が出ようもんなら試さずにはいられない。
でも1ヶ月先には また違う技術に夢中になってたりする…笑

だから店の経費もかさむし、
次から次へと提供されるお客様の美容代もかさむし
いつしか髪はボロボロに…。汗

楽しいこと、新しいことが好きな人には
めちゃくちゃ面白いけどね。



かたや「持久力」を持ち合わせてる人、
もしくは選んだ人は「瞬発力」は必要としていない。

何故なら、未来永劫続く先を考え
生き残る術を優先するから。

「はい分かりました~♪」と
お客様の言った通りに従うのが基本スタンスで、
たとえそのオーダーが無理だとしても、
不条理だとしてもとりあえず笑顔でやる。

もちろん新しいスタイルや技術にも
積極的に手を出さないので面白い提案はナシ。
悪くはないが良くもない。そこそこ。

カラーなんて染まればいいんでしょ?
という考えの元、カラー剤の色のこだわりは無し。
もちろん全頭を一色で染めるのが日常。

10年以上前の遅れた理論の薬剤も全く疑わず、
ずっと同じことをやり続けるだけ。

だから経費がかさまない 堅い堅~い経営で
がっちりマンデー。笑

(実のところこういうのが意外とお客様にも嫌われず
長~く続く秘訣だったりする…)


その間のどっちつかずで右往左往してる
中途半端なサロン(美容師)は
先が見えないどころか行く先さえ怪しい・・・
(意外と一番多いパターンかも?)


さて、
私はどっち側の人間か?


どちらかといえば瞬発系、、、

か?

経営には全く向いてない人とも言えますね。

(新しいこともやりたいけど、
ダメージも起こしたくないっていう…
経費がかさむかさむ~汗)

まあ、みなさんがずっと楽しければいいのです。

それが経営に向いていない人の特徴。笑


そもそも、美容師って
「不健康がカッコいい!」というイメージだったのに
最近は「健康志向」になったみたいですね。

それも時代の変化か。笑


February.26.2018 店主



関連記事

Cafe Bleu

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する