OUR FAVOURITE SHOP

働き方改革?

Posted by Cafe Bleu on  

.a012441f7e96576b8b874c84e415703f90d97438426.jpg

働き方改革?残業時間をなくす?

そもそも美容業には
「残業」と呼ばれるものはありません。

閉店後遅くまで残ってるじゃないかって?
あれは、技術を習得するための「練習」です。

だって、技術を磨くためには練習しかありません。
いわば、将来の自分の為の自己投資です。

しかし、ある時からそれが「残業」と
言われるようになりました。

練習 = サービス残業 強制労働
なんですってね。

最近は店側も練習を強制できなくなりました。
(だって、ブラックって訴えられちゃうから)

それにしても、自主練習が強制労働ってね…汗

これはあるお店に聞いた話ですが、
『スキルアップのため、
せめて月に30時間の練習をしましょう!』
と、始めたものの、

実際は月に10時間にも満たないで終わる
のが実情だそうです。

強制ではないので、
するもしないも完全に自由ですが、
そもそもなんのために練習するんだろ?


「入社して1年経ってもシャンプーしかできない・・・」

昔は厳しい試験をパスできず
シャンプーしかさせてもらえなかったのですが、

今は事情が違って、
練習しないからいつになっても
シャンプーしかできないのです。
.

ロット(パーマ)もろくに巻けない、
カラーもムラにしか塗れない、
掃除も適当・・・
時間になると帰宅準備。
休日講習は時間給が出ないと行かない。
勉強会では居眠りする。

何のために「美容師」という仕事を選んだのでしょうね?


私は古い体質ですから、
残業(居残り練習)が当たり前派です。

何故か?

早く上手くなって、人より早くお客様に入りたい!
そして店の1番を目指したい!

そう思うことが「当たり前」だと思っていたから。

だから、友人から聞いた今の現状が
はっきり言ってショックでした。

自分の考え方が真っ当だとは思っていません。
人それぞれ考え方があるし、
どのような順番で、どのように進んでもいいと思います。

古い体質にも環境にも、確かに改善点はあります。
サラリーマンや公務員と同じようには行きませんが、
もう少し自分の置かれてる「技術職」という
立場を考えるべきだと思います。


労働時間が長い上、
退職金もなく保険もなし、有給休暇も少なく、
昔は週休1日もままなりませんでした。

なのに続けられた理由は、
「上手になりたい・喜ばれたい」一心でしたが、
今時はそれは絵空事の上っ面の話で
突き詰めればそんな気持ち微塵もないのでしょう。

練習を「残業」と捉えている時点で、絵空事です。

ちょっと練習しただけで身についてしまうような
生まれながらの天才肌なら理解しますが、
私はそんな人を見たことがありません。

有名になった人は、みな練習しました。
休みの日には芸術を鑑賞し、
自分の才覚を高めていました。
そして友達を増やし刺激をもらい、
寝なくても遊び、一生懸命練習をしました。


どれだけ守られたいんだろう?

美容業を選んだ以上、
アウトローな生活は望んだこと。

机に向かう仕事よりも
自分の腕で食っていく道を選んだから
美容師をやってるわけでしょう?
体使うしか脳がないから美容師選んだんでしょう?

と、今時の寝ぼけた美容師まがいに言ってあげます。

「時代の流れですよ」と言うのなら、
流れたまま何処かに行きなさい。

それに逆らうことができないのなら
初めから足を踏み入れるな!近づくな!


「技術」という職人技は
一生かかっても得られないから楽しいのです。

「残業」とか言っている間は、
お客様を幸せにはできません。
そして、あなたも幸せにはなりません。

人(お客様)あっての美容師です。
人の幸せが、自分の幸せ。
そのための努力は、
残業という言葉にはなりません。

人を綺麗にするより自分の事が最優先ですか?

先輩が時間を割いて無償で教えてくれた時間や、
サロンが電気代や水道代を負担して提供している「稽古場」で
さらに残業代を請求するのですか?

サラリーマン美容師よ!

カット30分
パーマ1時間
カラー45分

で出来る技術を身につけなさい。

それが本当の意味の「働き方改革」です。
お客様をダラダラ待たせるのが仕事ではありませんからね。

結局は最終的に誰にしわ寄せが行くのか?
よく考えてみてください。



July.16.2017店主

関連記事

Cafe Bleu

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.