OUR FAVOURITE SHOP

時代が変わったのか、自分が変わったのか?

Posted by Cafe Bleu on   0 

DSC00435.jpg


ここ数年、「変わるよ」と言い続けていますが、
どうやらすでに
何かが変わってしまった様です。

それは、「感性」。

感じることが変わってしまうと、
物事の変化が起きにくくなるものです。




周りを気にしない。
できるだけ人に会いたくない。

「相手を理解する」ということは、
話し合うことでしか出来ないのに
話そうとしない。

でも自分が思うことは
相手に受け入れてもらいたい。


触れる機会が無ければ、
感じる機会も当然減ります。

なにも起こらない日々、、、
やる気が出ない、
やる気があるのに考えられない。

昔はこうじゃなかったのに…

最近こんな感じの方が多くなりました。

時代の変化なのか?
そんなものなのか?

美容室で本心など見せる必要がないけれど、
目的を知らなくては何も出来ないし、
いいものは作れませんよ。汗




私が思うこと。

この変化は、若者が引き起こしたわけではなく、
自分たちの世代が
慢性化し 衰退しているのではないか?

次世代にバトンを渡さなければいけないのに
渡すに渡せず、
かと言って次のステージにも向かえないでいる。

そんな感じがします。

だから、『若返り』や『アンチエイジング』、
『健康寿命』なんていう
何かにしがみつく言葉がやたらと目につく。

歳をとる事に恐怖を感じて、
自分の年齢を否定する。
もしくは、諦める。汗

諦めているのなら、バトンは簡単に渡せるのでは?
そう思うのです。

核となる「自分」が存在したのならば、
次に向かうのはたやすい事だけど、
実際 私も考え悩んではいる、、、

必要とされるまで、やり続ける事に、、、

そもそも必要なのか?必要でないのか?
悩みどころではありますが、
今できる事以外、何もできないのも現実。

人間、一生にできることなど
一つしかないのです。

長い人生と思いきや、
意外とあっと言う間にに過ぎ去る人生。

未来が長く続くと思っていたけど、
未来は知らぬ間に過ぎてました。汗

けどね・・・
自分が楽しめることって、
人と接しなければ、何も生まれない世代なのですよ。

ネットのツールや世界観は
自分たちが若い頃には無かった物。
使いこなすまでは出来るのですが、
芯まで入ってこないんですよ。

その違和感はものすごく感じています。

それって、
手紙や電話で十分楽しめた世代だからかな?

電話するときは家族にバレない様に
3コールで一度切って掛け直す…
そんなちょっとしたスリルも楽しめた。

待ち合わせの時間には、
なにがなんでも間に合うように
必死で仕事を終わらせた。
(ケータイって何ですか?)

それが懐かしく思えるのなら、
無理に時代に対応しなくても良いと思う。

ネットやツール、それはそれ。
自分たちがリアルに生きた時代とは違う。

時代遅れでも時代錯誤でも、それで良いと思う。

世界から見たら、
FAXが家にある自体「化石」だそうですよ。

何かに振り回されている。

そう感じてましたが、
結局は自分に振り回されているんじゃないか?
そう思うようになってきました。

なんとか乗りこなさなくては…
なんとかついて行かなくては…
なんとか相手にされなくては…

そんな焦りから、自分を見失う。

時代も変わったけど、自分も変わったことを、
自分で否定したかったのかもしれない。

アナログでも良いんじゃない?
って、最近思い始めています。

まあ、ブログもラインもフェイスブックも
インスタグラムもやってますが。笑


  May.22.2017店主


関連記事

Cafe Bleu

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する