OUR FAVOURITE SHOP

人あっての人

Posted by Cafe Bleu on   0 

cbDSC03060.jpg

難しいことや、重い話ではないので
読んでもらえると嬉しいです。




さて、私が長年仕事を続けている上で
一貫して変わらないこと、

それは、「技術」に対しての考え方です。


今の時代は、言われたことさえ解決すれば
それでいい様な風潮です。

なにか特別な技法を得る必要性も無いですし
「門外不出」の秘伝の技?なども
意外と存在しません。

かと言って、
「どうでもいいから適当にやって帰しちゃえ」

なーんて気持ちで技術者が
仕事しているとも もちろん思いません…


なんとなくな、ユル~い風潮を受けての、
なんとな~くこの程度。
そう考える技術側。

言う通りにしてくれればいいのよ。
と言う消費者側。

さて、言う通りにやって貰った結果は、、、?

何かが違っていれば、
「あそこ下手ね」って、、、(T_T)


なぜに、結果にコミットしないのか?(笑)


お客様は神様!…なのか?

我を押し通すだけ、力関係だけで
良いものって生まれるのでしょうか?

そもそも、どちらかの我が通ること、
力関係があるということがおかしな話です。

人間は全てにおいて「平等・対等」であるべきです。

「強要」される事もないし、
「押し付け」を受ける必要もない。

技術というものは、
だから一人一人、それぞれ、
違う表現になるのです。

「施す側」も、「受ける側」も。


それを一律だと考えているとしたら…
「技術」をどう思っているのでしょう?

どれだけの時間を要してその技術を習得したのか?
それは一人一人違います。

求めるものが高いものなら、
それだけの時間と訓練が必要です。

「安く」「早く」「簡単に」得られる技術…
それは、それなりで仕方ないですよね?

そもそも貴方が望む「都合がいいもの」…
そんなもの本当にあるのでしょうか・・・?


それぞれの価値観や感覚に見合うものって、
人によって感じ方が違う様に多種多様です。

だからこそ、
この仕事は面白いのです。
(と、私は思っています)

表現が沢山ある!
方法も沢山ある!!!

それを楽しめる人は
一つも苦しくなどありません。
楽しくって楽しくって仕方ないです。

「無理難題」をどうやって解決するか?
それが楽しいのですよ。

求められることが少ないとしても、
少ないなりの解決方法や解き方があったりもします。

たとえ入り口が狭かったとしても、
入ってしまえば意外と広かったりするのが
「考え方」です。

貴方が思う以上に
果てしなく広かったりするかもしれません。

望むもの、、、???
求めるもの、、、???

と、すぐに浮かんで来なかったら、
まず相談することから始めればいいと思います。

技術を語る・評価する…

その前に、

まずは自分が求めるものを理解して、
相手の考えを探ってみましょう。
技術が云々語るのはその後でも遅くない。

人あっての、人なのではないのかなぁ。


    January.18.2017
関連記事

Cafe Bleu

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する