OUR FAVOURITE SHOP

ウィービングのすすめ

Posted by Cafe Bleu on   0 

g01305fc3f9f6f39b7816a2a0efe1ad30d0436a3e36.jpg


最近オーダーの多いメニュー、「ウィービング」

髪のダメージを考え、ヘアカラーを控えていた方に大人気です。

「黒」もいいけど、
たまには冒険もしてみたいですよね。。。


これまでも何度か実例をご紹介したかと思いますが、
今回は改めて「ウィ―ビングの魅力」を紹介しますね。





ウィービングとは、カラーリング技法の一種で、
明るい色や暗い色をすじ状に入れて

立体感や動きを出すテクニックです。


h01c8f517ea368adfafb69f888c50c0523660be348d.jpg

こんな風にコームの柄で縫うように
細い毛束を取り出し・・・



i0197ea9e95925cc16aae4d0626ce316cd40e945ac1.jpg

専用のペーパー(もしくはアルミホイル)の上で
カラー剤を塗布して染めていきます。


そもそも「ウィービング」とは、
英語のweave(編む、縫う)から来た言葉らしいですね。
カラーリングに限った言葉ではないようです。

(昔は「フロスティング」って言ったのですが、
最近はウィービングって言うのが一般的のようです。)

実はこの技術には検定みたいなものがあって
(国家試験ではない)、
一定のスピードで出来るよう、昔よく練習しました(笑)



j01ab2eba0075b4429acf54db45a18ee220b1184659.jpg

こちらの方の場合(30代前半)、
上から下まで 要所要所に40枚ほど入れたかな?



g01305fc3f9f6f39b7816a2a0efe1ad30d0436a3e36.jpg

入れる部分やパネルの数、毛束の分量などは
ケースバイケースです。




01d4da8bd0fe2c666c89d29f70f0459b661d9d47ef.jpg

地の髪色と染まった髪色の差が、
ヘアスタイルを立体的に見せてくれます。




01fc62ae8151d00ef02c6f7d56fb3a1df1892afb84.jpg

内側にも入れてあるので、
結んだ時でもちゃんと効果は出ますよ。




n0168d8d37ae21ef61e0d160c5b6ae141371e91d951.jpg

いわゆる「メッシュ」とは違って、
くっきりと線が出ることがないのがウィービングの特徴です。

薬剤を使う量は少ないですが、
髪の毛全体に色が入るためトーンアップして見えますよね?

いわゆる「同化効果」ってやつです。
(囲まれた色が周囲の色に似て見える現象)


しかも、細かく筋状にカラーリングするため、
髪が伸びても 普通のヘアカラーのように
境目が目立つプリン状態になりにくいのですよ。



実はこちらのお客様、
(ダメージに懲りて)ヘアカラーをするのは
なんと8年ぶりだそうです。

ウィ―ビングもカラー剤を使うので、
もちろんダメージはありますが、
あくまでも「部分的」なので最小限。


当店の真骨頂、

最小限の薬剤で最大限の結果を出す!


に、ぴったりな施術ってわけです(笑)


それにしても、このウィ―ビングという技術、
オープン当初は「ダサい」と思っていたので、
全くおススメしていませんでしたが(笑)、
今はそんなこと思わないんですよね。

これはアレだ、一周回ってオシャレ・・・ってやつ?

時代の気分って、ホントに変わるもんですわ。








019cb1609ccf1d0162063631f0a03aca5584ec1b1c.jpg

こちらは、40代後半のお客様。

普段は白髪を染めるのに
「香草カラー」を施しているため 色が抜けにくいので、

(数日前に香草カラーで染めたばかり)

ヘアカラー剤でなく、
ブリーチ剤で色を抜いています。




01b26ed2cc204c32f43905ed94bdb941d7960461b1.jpg

濡れた状態です。いい感じに色が抜けました。

ただし、本日の本当の狙いは、

この上から、さらに香草カラーを重ねて
いつもどおりの「真っ黒」にする・・・

予定だったのですが、、、

(時限爆弾方式で、洗うたびに色が抜け、
色を抜いたところが徐々に目立ってくるっていう寸法です)



016639535899e68049b45247d85ca05d7256914ffd.jpg

この状態を、ご本人がエラく気に入られたようなので、
本日はこのままでお帰りになることになりました。





0158087e2981d451f7670663a445e5cbe745d5c222.jpg

色を抜いた部分が目立つようなカットも施しました。

立体的に見えて、美しい流れが際立ったでしょ?


実はこのお客様の場合(40代後半)、
先ほどのお客様(30代前半)とは、

ウィービングを入れる位置も違いますし、
パネルの数や、毛束の量も違います。

何故か?


・・・それは白髪の有無によります。


白髪の多い方に、生え際や襟足にまで、
細か~く 入れてしまうと、

「おや?白髪が染まってない?」

って、残念な感じに見えちゃうんですよね~(笑)
(ある意味紙一重)


この辺の さじ加減も、
個々の方に合わせてちゃんと計算しています。





01b2bdd137198adc0d31e23d89f783f099a324c621_20160309175944348.jpg

さてさて、20日後、
先ほどのお客様が、白髪を染めるために再来店くださいました。


前回のウィービングは、

「ママ可愛い!」 「お、今風だね~」

と、年頃のお嬢さまたちに大好評だったそうです。


本来なら、まだまだこのままでも行けそうなのですが、
やはり根元の白髪がね・・・・(笑)

(数日後、卒業式があるので
少々真面目にしなければならないとの理由も)


さあ、当初の目的、

「この上から香草カラーを乗せて、
白髪もブリーチも全部染める作戦」の決行です。



018a700c74dc2ff737c24abb3d9b7243809d089e54.jpg

と、その前に、

「どうせならウィービングをもっと入れたい!!!」

とのことで、更に追加・・・(笑)




01735c89253f81eeb375f65396d5d11ba8c2666103.jpg

その上から香草カラーを乗っけて・・・



01d2dd645a1692fe66722d00d376077707006ba2cf.jpg

ハイ出来上がり!


な~んとなく色が入ってるかな?
という程度の仕上がりですが、

日が経つたびに、ウィービングで色を抜いた部分だけ
退色して目立ってくる。という、


「お楽しみはこれから!」


的な作戦です。



実はこの 「お楽しみがずっと続く作戦」、

まっ黒ロングヘアがトレードマークの
わがフロント係もひそかにやってたりします。

(店頭で見てみてね!)




DSC04888.jpg

これまた別のお客様ですが、
ウエービーヘアにも効果的です!イカしてます(笑)

どうでしょう?ウィービング。
ちょっとおもしろいでしょ?

最近は、テレビを観てると
やってる女優さんなんかも よく見るようになりましたよ。

やりたくなったら是非ご来店くださいね~。


         March.09.2016 店主



関連記事

Cafe Bleu

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する