OUR FAVOURITE SHOP

京都一日目

Posted by Cafe Bleu on   0 

DSC04617.jpg

こんにちは。フロントfumiです。

先週は店主とふたりで「京都」を
ゆっくりと満喫して参りました・・・

と、言いたいところですが、

これがなかなかの弾丸ツアーでしてね・・・



↑は、店主が作った「旅行のしおり」です。

何年も前から「京都に行きたい!京都に行きたい!」
ずっと言っていた店主、

なかば無理矢理 念願を叶えた店主、
行きたかったところを全部周るつもりらしい・・・


ひゃ~3泊3日ホント休む間もなくぐるぐる周った~。
(何が何だかよく覚えてない)

今回は、自分の頭を整理しつつ
旅行の思い出など綴ってみますね。


↓ ↓ ↓ 興味のある方だけ暇つぶしにお読みくださいね。

DSC03476.jpg

実は、旅行当日の午後まで
店主はお店でお仕事をしていました。

そしてその日、私は別件のお仕事で「東京」へ。

というわけで、午後6時すぎに
東京で店主に拾ってもらい、いざ京都へ~!




014d3eef5e13675c4f237b6c730d6520c0d85704b7.jpg

↑画像は途中で寄った「浜松サービスエリア」

これは9時頃かな?
この後、「新東名」を調子良く進み、
ギリギリこの日のうちに予約していた京都の宿に。

東京から、休憩を入れても7時間かかりませんでした。
意外と近かったかも。

(あ、言い忘れてましたが車ですよ、







一夜明け、さ、いよいよ京都観光です。
今日は「車」にて、縦横無尽に巡ります。


まずは一気に下って「平等院鳳凰堂(世界遺産)」
(10円玉にデザインされている建物)


修学旅行で来た時より美しく見えるのは
年をとったせいかな?(笑)


今回の京都の旅は、お天気に恵まれたようで
とっても爽やかでした。

(店主曰く、自称「晴れ男」だそうです)




image3.jpg

寺田屋の前を車で走る!

建物は再建だそうですが、
龍馬襲撃事件はここであったのねぇ。。。
などと「竜馬伝」を思い出す。

(そういえば、福山 結婚しましたねぇ~笑)

京都って昔ながらの建物がたくさん残っていて
どこに行っても趣がありますねぇ。。。

などと浸る暇もなく

さ、次いこ次。




011d6b021b7450730df86e4e4d9edfb142e60b7c42.jpg

伏見稲荷大社」で満足げな店主。




01da6353b6cee32012e9d84f552a1e4eabf9d3a8d2.jpg

ここは、全国に3万社あるといわれる「お稲荷さん」の
総本宮なんですってね。

あたりまえですが
狛犬じゃなくてキツネさんがいましたよ。





017bf96433b77b8bbf1c93c677428bb7c50cc446c2.jpg

鳥居のトンネル「千本鳥居」の写真を撮りまくる店主。





01f19bed8b52869e75b56bbd4f5f6086a7634599d5.jpg

時間と体力の関係上、
中腹辺りまで上って戻ってきましたが、
こんなに続いてるとは知らなかった・・・

(すべてにおいて予備知識なしで連れて来られてる)





01402c8303c32906e276566358f7d103a8afa86746.jpg

「豊国神社」

豊臣秀吉(豊国大明神)を祀る神社。
「人」を神として祀る数少ない神社だそうですよ。

正面で参拝客を出迎えてくれる唐門は、
国宝三唐門のひとつ。
かつては秀吉の居城のひとつ伏見城の城門だったそうです。

いちおう、「秀吉宝物館」なるものも観ましたが、
国宝や重要文化財があるわりには
人がぜんぜん居ませんでした。
(いわゆる穴場?)

さて、ここの駐車場に車を停めて・・・




018b5564e3fdca9b09e0fba6ff4d6d327d5726348a.jpg

三十三間堂」に。

ズラリと並ぶ、千体の千手観音立像が有名なとこです。

(あ、ここ修学旅行で来た!
当然ですが内部は撮影禁止なところばかりなので
外観の写真しかありません)


三十三間堂の三十三間とは、柱と柱の間が
33あるという意味なんですって。

ホント ここ長~いんですよね~。
(120mもある)


「トッパー(110mH)できそうだな。」
と、罰当たりなことを言う店主。

でも、後で調べたら「通し矢」はやるそうなので、
あながち発想は間違ってなかったかも(笑)





01e1af54a3d68905de7b0d08257effbcd33e31378b.jpg

移動途中で寄った「西本願寺」にある唐門です。

ここは本堂の裏手にあたる路地側。
境内に入らずとも観れるし、
認知度が低いらしく 人がほとんどいなかったので
ゆ~っくり眺められました。




01a4a836e99fa9984ae325322b24360a7ae3995782.jpg

国宝の3大唐門(西本願寺・豊国神社・大徳寺)の中でも
ここ西本願寺の唐門は
最も豪華で絢爛な造りなんだとか・・・

飽きずに一日中でも眺めていられるということで
「日暮門」と呼ばれているそうですよ。

たしかに彩色がカワイイ~!
(国宝に向かって可愛いとは・・・)




0144c0dd0ac203478a08ae5e6bcdc7f5aa8b6f18cb_20151022165056b3a.jpg

二条城(世界遺産)」

徳川慶喜が勝海舟と会談し、
「大政奉還」を行った場所。

徳川家康が京都御所の守護と
上洛時の宿舎としていたお城です。

よく考えたら、
江戸幕府の始まりと終わりを見守ったお城
ってことなんですよね。

戦国や幕末をテーマにしたドラマに
よく出てくる場所なので、ちょっと感慨深かったです。

修学旅行で来た頃は、うぐいす張りの廊下が
キュッキュキュッキュいうことくらいしか
記憶にありませんでしたが、

大人になってからのほうが
あきらかに楽しいですね、京都って。


「狩野派」の襖絵や格天井も見事でしたよ。
(複製らしいですが)



image7a.jpg

大徳寺

大徳寺の広大な敷地内には20余りの塔頭がありますが、
その中で拝観できる寺院はあまり多くありません。

ここにも3大唐門のひとつ、大徳寺の唐門があるのですが、
通常非公開で、公開されても写真撮影は禁止だそう。
(3大唐門コンプリートならず・・・)


↑画像は「三門 (金毛閣)」です。

秀吉の怒りをかって利休切腹の口実となった
像が置かれていたのはここ。





01c6f4b9efbd67c9882d2caec4283c6b58d0159d82.jpg

↑画像は敷地内の茶室ですが
「総見院」が秋の特別公開をしていたので
拝観してきました。

豊臣秀吉が織田信長の菩提を弔うために建立し、
葬儀を行った寺です。

本堂内に安置されている重要文化財の
「織田信長公坐像」も観れました!
(教科書とかに載ってるあれです)

この像は
数ある彫像や似絵の中で一番本人に
似てるんですってね。

眼光が鋭いけど上品なお顔立ちでした(笑)





0179a4916789f32fa137dfc30e48f7a8193cd896ca.jpg

茶筅(ちゃせん)塚

お茶を点てる時に使用する茶筅の供養塚なのですが、
花立が茶筅の形をしていました。
(あらカワイイ)


信長はお酒があまり呑めなかったので
茶の湯を愛したという説があるんですってね。
(あらカワイイ 笑)




0137c9aae524f78d8dd5368f1088de0a46634bbcdb.jpg

信長公のお墓にお参りした後、
寺地内にある井戸の説明を・・・

加藤清正が朝鮮半島から持ち帰った
朝鮮石を掘り抜いた「掘り抜き井戸」なんですって。

今もちゃんと使われているそうで、
覗きこんだら・・・



01b86e3a565846f3ef6c8253e99a5032f4f9a5285a.jpg

はるかかなたに自分の顔が・・・
奥が深すぎて怖かった(笑)

今もなお、こんこんと水が湧いていて
毎朝のお供えのお水に使用されているそう。



01f80c6fc45bf7620a15dfced6cf4d2670cbdc1daf.jpg

いよいよ日も傾いてきました。
金毛閣が来た時よりも美しい・・・




01e7f2d1eb3606f7a4baa32fd1312f42c63e27ec30.jpg

拝観時間がもう終わりなので
出なければいけませんが、
「大徳寺」もっとゆっくり来たい場所でした。





01380b0015209e0724789db93ab54b15505d0ffe7b.jpg

・・・と、なぜか唐突に仕事をする店主。

ここは店主が東京にいた頃の後輩
が経営するサロン。

いつも京都に来ると穴場スポットを教えてくれる
頼りになる後輩君なのです。

以前来た時もオシャレなバーを紹介してくれたっけ。

ひや~26年ぶり!
お互いに年取ったぁ~



0179365f0644b42d5c26d941452ff1ca635fef0884.jpg

お互いに髪を切り合う・・・

髪を切ってくれる人を探すのが大変なのは
ひとりでお店をやってる者の宿命ですね。

「カットに一時間も二時間もかけるとこなんて
行けませんわー。」
※京弁 違ってたらすいません

と、店主と同じようなことを言ってました(笑)





018baa5289e4aaad1eea1819bf27c615202f9b0086.jpg

5:30 後輩君のお馴染みのお店を紹介され、
細~い裏路地へ・・・



実は、お昼ごはんを食べるの

 忘れてたのですよ!



仕事の時も いつも食べていないので
意外と平気だったりするのですが、

さすがにお腹がすきました~!





011f135a6f55a34a0a2c277993f3a8fab0a4a9e87e.jpg

美味しいご飯をいただいた後、腹ごなしに
ご贔屓のお洋服屋さんの「京都店」を見てきました。

町家造りをそのまま利用した店内は
京都ならではの雰囲気を醸し出していました。

どこに行ってもいいな~京都。


というわけで、さ、宿に戻ろ。

ここで一日目はおしまいですが、
ね、ハードでしょ?

                          つづく

関連記事
Cafe Bleu

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する