OUR FAVOURITE SHOP

No.44 滑り出し良好?

Posted by Cafe Bleu on   0 

こんにちは。店主です。
このコーナーでは、私が「へそまがり美容師」になるまでの
紆余曲折などを綴っています。

興味のある方はお暇な時にでも読んでみてくださいね。
(そういうのいいや・・・って方は遠慮なくスルーしてください。) 

最初から読みたくなった方は「もくじ」からどうぞ。




DSC00460.jpg

No.43 からのつづきです。

前回お話ししたように
当時の資料が発掘され、事実関係が明らかになってきました。

当時の私、あの師匠の事務所を辞め、
独立して4日目にはすでに仕事にありついていました。

その次の週に、前にも書いたCMが始まりました。

ヘアーメイクの仕事の中で、
一番長くやっていた小学館の「小学一年生」シリーズ・・・

これを退社後わずか10日目に始めていました。

忘れていたとはいえ 驚きです。
そんなに早く仕事にありつけるものなのでしょうか?


???

どこをどうやって、その仕事をする経緯になったのか?
さっぱり思い出せません。
(でも、請求書が残ってたから確実にやってるんですよね。)

「顔合わせ」や「打ち合わせ」は
どのようにしてたんだろう?

まさか退社前に「裏」で仕事を取っていたのでしょうか?

そんなハズは無い・・・

当時はアシスタントの仕事が忙しすぎて
そんな時間はありませんでしたから・・・

と言う事は、
退社してその日、若しくは次の日に
売り込みに行ったのでしょうか?

もしそうだったとしても、
10日足らずで撮影に入る…なんて、
どう考えても、準備期間が無さ過ぎます。

とは言っても、自分がしてきたこと。

恐ろしいやつ・・・俺!(笑)


その後、手帳等でよくよく調べてみると
この「小学館シリーズ」は
2週間に1本のペースで撮影されていました。

これも異常なペース・・・

時はバブル。
たぶん、考える暇なく撮影されていたのでしょう・・・

そういえば監督が、常に眠そうにしていたんですよね。

構成・編集・音入れ・次の企画の準備…を
2週間に一回ペースでやっていたことになるので、
そりゃ~寝る暇ないですよね(笑)

おかげで、駆け出しの私みたいなのにも
いっぱい仕事が回ってきたって訳ですね。


そして2週間後には
男性誌「メンズ・クラブ」の撮影に出掛けてました。

いわゆる「ハウツー本」の出始めの頃でしょうか?
この回は「ジーンズ」の特集号でした。
(上の写真はその時のものです。)


ああ、ジーンズ・・・


今も私の生活には必要不可欠な物ですね(笑)

この本は今も手元に残してあります。
見たい方はお声を掛けてくださいね。

(モデルさんは当時オリーブで大人気だった「フェイ」ちゃんでした。
巻末にはちゃんと私の名前もクレジットされています。)



------------------------------------------

その後は再び「作品撮り」をする日々だったみたいです・・・

フリーになってから、作品撮りってどうなの?

あの頃の私に対して、今の私からの疑問です・・・

売り込みに行きながらも
「自分を代表する写真」をどんどん撮り続けてるって、
どんだけやる気満々なの?

それなのに、既に仕事もしている???
昔の俺、恐るべし!

まぁ~ 先に進もう・・・(笑)


1週間ほぼ毎日 作品撮りをして、
無収入な状況で
次の週にはまた、メジャータイトルを撮っていました。

何故この繋がりになったのか、
全く思い出せません(笑)

実はこの時の撮影、
前の事務所の関係者のつながりも何もない会社
からの依頼でした。

どうして私がこの仕事をしたのか?いまだに謎です。


そのCMは・・・
初代の「スズキ・エスクード」でした。

車のCMはそれ以降、何度かさせて頂いたのですが
唯一いきさつが思い出せないのが。これです。

なぜ駆け出しの私がこんな大きな仕事を貰えたのか・・・
覚えていません。

(作品だけはちゃんと残ってるので ↓ に貼っておきました。
お暇なら見てみてください。
今回のはいかにもヘアメイクっぽい仕事ですよ。)



-------------------------------------------

その2日後には「ローソン」のCM撮り。

これはタレントさんを起用する以前のCMだったような・・・
たしかメイクしたのは普通のモデルさんだったと思うのですが、
現場がめちゃくちゃすごかったのですよ。

何がすごいって、

とある撮影所の中に、架空の「ローソン」を
一軒丸ごと建てちゃったのです。

照明から何から全て普通のお店と同じ構成で。
店内の商品もすべて本物。

どんだけ、金掛けりゃぁ~いいんですか?

その現場を見た衝撃はいまだに忘れられません(笑)


---------------------------------------

その一週間後には、
今は無き「mcシスター」の撮影でした。

川原亜矢子ちゃんがまだ17歳の頃。
懐かしい話ですね~・・・


その後は「アパレルメーカー」のカタログ撮り。
わりと有名な子供服メーカーさんの仕事でした。
私の子供好きはその頃からでしょうか?(笑)


そして、雑誌「サーフィンライフ」の仕事もしていました。
私、高校生の頃 一応サーファーでしたので、
本物のサーファーに会えることは、とてもたまらない撮影でした。

そしてこれも、どこから舞い込んだのか?
雑誌「CanCam」の撮影。(爆笑)

どうひっくり返ってそんなつながりがあったのか
いまだに疑問ですが、
「CanCam」は数回に渡りやらせていただきました。

(今思えば「小学館」つながりだったのかな・・・?)


----------------------------------------------

これは退社してまだ1か月ぐらいの話でした。


とにかく、
前の事務所を辞めてすぐに、
夢のような世界に突入してしまった私。

これからどうなっていくのでしょうか・・・


長いよ!話が!




1988年 スズキ「エスクード」(初代) 

私の初期の頃の作品です。

                             つづく

                            December.28.2014

関連記事
Cafe Bleu

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する