OUR FAVOURITE SHOP

Q&A 40歳からのヘアー&ファッション問題

Posted by Cafe Bleu on   0 

DSC02281.jpg


40歳からの ヘアーとファッション、どうしたらいいの?


今回は、実際にお客様から よく訊かれる(というか、つぶやかれる)
ご質問です。
             

・・・私にどうしろと言うのですか?(笑)


----------------------------------

いえね、やはり40代って、

「今までやってたことが 今まで通りにできなくなってきた」

そんなことに「気付く」年代なのだと思います。


私も美容師歴31年、
色々な年代の「女性」を長きに渡って担当させて頂きましたが、

たいがい悩み出すのが この年代なのです。

さあ、
ではどうすれば良いのか?



極論ですが・・・

自分が好きなことをすればいい」のです。


それが分からなくなったから聞いているのよ!
・・・と言う話が聞こえそうですね(笑)


その前に、私の個人的な話をしましょう。

-----------------------------------------------

私も歳をとりましたが、「心」は少年のような、(爆笑)
いつも清々しい気持ちでいます。

それでも、鏡を見た瞬間に
「現実」を思い知らされる、今日この頃・・・(笑)


だから、鏡を見ないことが「得策」と、
あまり見ることが無いです(笑)

ただ、

普通の男性ではないので、
「仕事上」鏡を見ない訳にいかないので、毎日が、、、、

「現実」です ・・・・・(笑)


自分は昔から、自分自身が嫌いでした。

それでも、あるキッカケから
「自分」が嫌いではなくなりました。

その切っ掛けですが・・・


「受け入れた」のです。


自分は自分でしかないし、
自分以上でも
自分以下でもない。

自分を受け入れることで、
納得したというか「諦めた?」のかな?


--------------------------------

「私、らしさ」

という言葉にも 20代の頃からやられましたね・・・

「~らしさ?」って何だ?
勝手に人のイメージを押し付けないでくれ!

・・・そう思っていました。

まわりの勝手な妄想を、
私に当てはめて考えることが「違和感」と言うか「嫌」でした。

だから、そのような妄想を押し付ける人

「大っ嫌い」でした。

それでも毎日仕事をしていると、顔を合わせるから、
仕方なく受け流していたのですが・・・

ある日、突然「爆発」します!

そんな20代。

尾崎かよ!



今思えば・・・「もがく」?と同じだったなのかな?

同じ「意見」してくる人の中にも、

聞ける人と
聞けない人がいる。

・・・そういう事だったんだと思う。


好きでも嫌いでもなく、「どちらでも無い人」には
特に言われたくないねって!(笑)

・・・だって、「視界に入ってない人」だから。

言い過ぎかもしれないけど、そんな感じだと思う。


それでも、この年になるとね・・・

「とりあえず聞けるようになる」

そんなものなのですよ。

よく「丸くなった」と言われるけど、
丸くなったのはだけ!(笑)

丸くなったように見えるだけで、
精神が変わることなどないです。


でも周りの人からは、
ちょっと良く映るようになったかもしれないですね。

どこかで、何かを感じて
相手が良く感じることをするようになっただけだと思うのです、、、

それが、ごく普通に、
ごく自然にできるようになる・・・

それが「年を取る」と言う事なのかな?



って、たかだか「半世紀」ですが

生きて、戦ってきた人は、そう思います。


-----------------------------

40歳・・・悩むよね?

だって、その年なら
たとえば雑誌でいう「VERY」のようなキレイ目なスタイルじゃないと
「ダメ」みたいな風潮ってありますよね? 

俗に言う「キレイ系?」「コンサバ系?」なのかな・・・

反して、「ナチュラル系」とか「モード系」とか・・・

サロンに行っても
勝手にジャンル決め付けられて、
髪型を当てはめられる空気ってあるじゃないですか?

あれ嫌いなんですよね!

勝手にジャンル決めて、相手(お客様)に押し付けるとか、

元々ジャンルも何も分からないから、雑誌とか流行り 丸写しで
「無個性」なスタイルを量産する感じって。

疲れそうだし、楽しくない・・・


ジャンル決めなきゃダメなの?


うちのフロントなんて、
「素材」は全くの無個性ながら

「赤文字」なんてクソくらえ!って
変なファッションして 毒ずいて生きてる訳ですよ。

まあ~毎日毎日、モテそうもない格好で登場しますが、
それでいいと思います。

本人が好きでやってるみたいだし、、、
分かる人が見たら、そーとー面白いし。

51だけど(爆笑)


・・・だって、あと「何年」生きられるかも分からないなら、
好き勝手にやった方が、死ぬ間際に

「良かった」って思えるんじゃないかな?


--------------------------------------

ジャンルなんて、見た人が決めればいいこと。
自らハマって苦しくなるものではないと思います。

自分が個性的でいたいなら、その道を究めればいい!

それを貫いたとき、周りが何と言うか?

その評価を受け止め、軽~く受け流す (笑)


ちいさいことにクヨクヨしなくなるのも
40年 生きてきたから こそできること・・・

自分にとって何の影響力もない人に
何か言われたところで、あなたに何の「得」もないでしょ?

やりたいことを我慢したり、ジャンルに囚われたり、
噛み合わない人のご機嫌を取ってまで
これから続く長い人生 暮らすのはつらいでしょう。


自分で自分を盛り上げて行けるのも、
すでに生きる術を身に着けている40代だからできること・・・

ですよね(笑)


---------------------------------------

40代以降って、

見た目にその人の「生き方」みたいなのが
にじんで出てきてしまうもの。

楽しそうに生きてる人と、
そうじゃない人とでは、顔つきまで違ってきます。
(これホント)


悩む前に、まず楽しまないと ・・・ ね!(笑)



いくつになっても女性の「笑顔」って、
男性にとって一番なんですよね。
(これも、ホント)

40歳、もっと楽しもう!



・・・それでもどうしたら良いのか?
迷走が止まらない方は、、、

40代の「峠」をとっくに超えた二人が
いつでも話を聞きますよ(笑)

あなたが「バージョンアップ」するための
ヒントくらい発見できるんじゃないかな?

40代以降はダウンじゃないよ、
本当はアップなんだよ。

                            つづく

                           December.02.2014

関連記事

Cafe Bleu

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する