OUR FAVOURITE SHOP

No.9 恋愛も・・・あるよ。 

Posted by Cafe Bleu on   0 

こんにちは。店主です。No.8からのつづきです。

私個人のつまらない昔話なので、そういうのいいや・・・
って方はスルーしてくださいね。
(最初から読みたくなった方は もくじ からどうぞ。)


※ ちなみに先に書いておきますが、
 残念ですが皆様が想像するようなエロい話は
 全くありません。(笑)

cbDSC00487.jpg


バイト先で知り合ったその子は
某有名体育大学の女の子。
マクドナルドで一緒に働いていた子でした。


そのきっかけになったのは、
以前登場した某大学の「野球部の先輩」。

バイト上がりでクローズメンバー(閉店を管理するグループのこと)
と一緒にご飯を食べたり、
朝までボーリングやゲームをして遊ぶようになった時のこと。

終電がなくなって帰れなくなった・・・。

どうしよう?ってことになり、
「じゃあ先輩の家に行く?」って話になったのですが、
そこは体育会系の溜り場・・・ 

そんなところに 若い女の子が行くなんて、
飢えた動物の部屋に「餌」を投げるようなもの(笑)

それはマズいだろ。

私がやんわり断ってあげて、
結局その子を自宅まで「歩いて」送り届ける
役割になりました。

(この頃の私、ホントによく送ってます。(笑))

その子の家まで歩いて1時間半。
とにかく話し続け・・・
最後の方には何だか「いい感じ」になってしまいました。

そして彼女から「家に上がってかない?」・・・・・と。

その当時の私、
まだそんな考えは全くなかったので、

「ああ、歩いて疲れたから休ませてくれるんだ」

程度の事としか思っていませんでしたが、
振り返って考えてみたら、

あの時は たぶん誘われていたのですね・・・(苦笑)


-----------------------------------

それ以来、彼女とは休日も会うようになり、
夜も一緒に遊びに行くようになりましたが、

笑えるくらいの「無頓着」というか、「鈍感」な少年だった私、
女心など分かるわけもなく・・・

何度か自宅に送り届けることがあったその時です、

彼女が突然「チュー」してきました!!!

私は逆に驚いて硬直状態(爆笑)。

その後も時々会っていましたが、
今まで通りの自然な関係でいようとしていた自分は

何の発展もしないまま・・・

しかしその直後、事件が起きるのです。

連日の学校とバイトの為、
ほとんど食事もとらずに生活していたせいか、
「過労」でバイト中にぶっ倒れてしまい

「救急搬送」されてしまったのです。

節約のため 大した飯も食わず、

やれ学校だ、
バイトだ、
遊びだ、
送り迎えだなんだと

とにかく忙しかったですからね、当時の自分。

そりゃ~、そうなって当然。


そして、会社から少し休むようキツく言われ、
なんだかんだでバイト自体を辞めてしまいました。 

それでも その後もバイト仲間とは仲が良かったので、
時々遊んではいましたが、

時間の経過とともにそれも無くなりました。

そしてその年の秋ぐらいだったでしょうか?
「例の先輩」と「その子」が付き合っていると
聞かされたのは。

何だったのでしょうね・・・私は。(笑)

不思議なことに、
落ち込むこともなかったし、
悲しむこともなかったですが、

なんとなくモヤモヤした気持ちになりました。

今思えば、「女ってわからん!」と、
初めて思った出来事だったでしょうか?

変わりやすい女心に悩まされていることには、
今現在も変わりありませんけどね(笑)、

今はあの頃より、
ずいぶん「女心」を理解できるようになったと思う・・・



それにしても、今思えば私ってばかですね。
上げ膳据え膳状態だったのに、何もしなかったのですから・・・(笑)

                                 つづく

                              June.30.2014 店主 

関連記事
Cafe Bleu

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する