OUR FAVOURITE SHOP

No.8 バカな自分

Posted by Cafe Bleu on   0 

こんにちは。店主です。No.7からのつづきです。

(私個人のつまらない昔話なので、そういうのいいや・・・
って方はスルーしてくださいね。
最初から読みたくなった方は もくじ からどうぞ。)


cbDSC00491.jpg

学生のころ、「親への負担」が凄く気になっていたものの
何をしたらいいか分からず、
訳の分からない行動していたことを、
うっすら覚えています。

もちろん、バイトを始めたキッカケもそれでしたし、
生活面もそうでした。
できる限り安上がりになるメニューを考えて
自炊していました。

「交通手段」もその一つでした。



私が住んでいた「大山」駅から→学校がある「高田馬場」
までは、電車を乗り継ぐと約30分程かかりましたが、
学生時代,運動部所属の私にとっては「目と鼻の先」
に感じられ、よく歩いて通いました。

初めは道がわからず、
通りすがりの人に聞いては間違えて、
交番に入っては話を聞いて・・・

そんなことを何度もやるうちに、
どこから行っても学校に行けるようになりました。

東京は電車で移動すると時間がかかるけど、
距離にすると意外と近い!

しかし、そこには盲点があるのです。

東京は山です!
とにかく坂道が多い。
下れば上る。!

当たり前の話ですが、意外と「山」なのですよ。
なので、とにかく夏になると熱い!
暑いではなく「熱い」です。

それもあって「自転車がほしい!」と思いましたが、
そんなの買えません。

今みたいに「ホームセンター」的な激安店の
存在はまだありません。
自転車を買おうと思ったら3万円くらい覚悟
しないといけない時代でしたから。

高校時代に乗っていた物が
実家に残っているのは知っていましたが、
当時は手軽な宅配便も存在してなかったので、
送ってもらう手も使えない・・・

そんなある日のバイトの帰り道。
ものすごく疲れていていた私の目に飛び込んだのは、
道端に捨ててあった一台の自転車

誘惑に負けてその自転車に飛び乗ってしまいました。 
尾崎豊じゃないけどね(笑)

久々に風を切りながら走り出す時の
気持ちの良かったこと!

「なんて快適なんだろう~~~」

と心の中で叫んだことを憶えています。
しかし、そんな爽快な気分は一瞬で吹き飛びました。

そう、すぐに捕まり、
「警察」のご厄介になってしまいました。

そのまま板橋警察署まで連行され、
全部の指の指紋を取られ、
朝方まで続く説教&事情聴取・・・ 

やっと帰れたのは日の出の頃。

もちろん次の日の授業は「キャンセル」させていただき、
爆睡しました。

(ところで、
なぜそんなにすぐに捕まってしまったかというと…
私が乗ってしまった自転車、初めから警察が検挙するために
わざと置いてあったものだったらしいのです。 

どこかでおまわりさんが張っていて、
その自転車に手を出した者がいたらすぐに捕まえる…
いわゆる「ネズミ捕り」にまんまと引っかかってしまった
のです。私。 ・・・ああ、なんて運が悪い。)



いつ親にバレるんじゃないか ?と、
しばらく、ビクビクしながら暮らしたのは言うまでもない。

(今思うと、かなり純粋でしたよね、自分。)




こんな風に、
親への思いとは裏腹な本末転倒な生活が続くうち、
純粋な少年は いつしか こんな「ダメダメな大人」に
なりましたとさ。(爆笑)

もし、あの当時の思いのまま純粋に生きていたら、
皆様にお会いすることもなかったかもしれませんね。

人の出会いって、まさに「バタフライエフェクト」。

あの時 私が東京に行っていなければ今ここにいないし、
あの当時大学に行くことが出来ていたなら、
美容師にもなっていなかったし、

あの時捕まらなかったら窃盗団になっていたかもしれない
(そりゃさすがに無いか・・・)

ちょっとした選択の違いで、
出会う人も変わったんでしょうね。

でも、私は「今の出会い」が好きです。
これを今読んで下さっている方との出会いに感謝。

つづく 

June.30.2014 店主

関連記事
Cafe Bleu

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する