OUR FAVOURITE SHOP

店主パワーアップ

Posted by Cafe Bleu on   0 

cbDSC05359.jpg

こんにちは。フロントfumiです。


もう桜も散っちゃったかな? 

いつも、いつの間にか散ってしまって見そこねてしまう桜の花。
でも今年はちゃんと見ましたよー。


発見!なななんと
お店の道路を挟んだ向こう側に、ぽつんと一本。

あまりにひっそり過ぎて、
何年も通っているのにぜんぜん気付きませんでした。
(ごめんなさい)


↑の写真は、その桜越しにお店を撮ってみました。


桜とは関係ありませんが
久しぶりに遠目でお店の外観を眺めてみたら、

ふーむ、そろそろ看板を塗り直さないといけないかしらね?
なんて思ってしまいました。

実はブルーのペンキが若干ハゲハゲになってきちゃってるのですよ。


ところでご存知でしょうか?
この看板、私の自作だということを。

名刺大のショップカードのロゴ部分を拡大コピーしまくって、
超巨大ステンシル型を作り、ペンキと格闘したのは8年前・・・・・

そうなのですよ、
先日(3月末)CAFE BLEU/OUR FAVOURITE SHOP は、
めでたく8周年を迎え、9年目に突入しました。

看板と格闘していたあの頃、
まさかこんなに続けられるとは思ってなかったなぁ。。。(笑)


-----------------------------------------

話は変りますが
先日は忙しい時期に連休を頂いてしまって申し訳ありませんでした。

実は・・・・・・

店主が「手術入院」をしていました。



「半月板 水平断裂」

手術と言うとなんだかとっても大袈裟ですが、
ヒザの半月板の断裂した部分を
切断する手術を受けていました。


去年末頃からでしょうか?
店主が左膝の痛みを訴え出したのは・・・・

「無理な運動し過ぎなんじゃないの?」

なんて私に言われながら、病院で診てもらったら案の定、
すぐに半月板損傷と分かったのですけどね、

当初は保存的治療(投薬やテーピング)で
様子をみていたのですが 症状は改善せず・・・

(手術はいつでも出来るのでしばらくは様子を見ようと・・・)


※ちなみに半月板とは、膝のクッションのような役割をする弾力のある軟骨
一種。大腿骨と脛骨の間に存在し、体重の加重を分散し膝を守る緩衝作用を
持つとともに、ジャンプの着地時などの膝の揺れを防止して安定化させたり、
膝を曲げ伸ばしするときに大事な役割を果たします。

スポーツなどで過剰な衝撃が加わったり、不用意なひねりが加わることでヒビが
入ったり、裂けたりする損傷を受けることがあります。これが半月板損傷です。
半月板が傷むと膝の内部の表面がスムーズでなくなり、このために痛みや
ひっかかりが生じたり、水(関節液)がたまったりします。
これをそのままにしておくと半月板以外の軟骨なども傷めて、さらに深刻な
状態になります。



まあまあ、↑の症状どおりのことが店主に起こってきました。

とくに、断裂してしまった半月板の ささくれた部分が悪さをするらしく・・・

「たとえばドアの蝶番のとこに釘が出てて、
      それが開け閉めするたびに刺さる感じ」

とは店主談。  
そりゃそーとー痛そうだ。

と思えば、
「さっき歩いてたら突然ガクっとヒザに力が入らなくなった」
とも。


でも、この状態がずっと続くわけではないらしく、
調子の良い日は走れるくらいなのですが、

ダメな日は何をするにも痛いらしく、
仕事中も足を引きずる始末。

「日常生活に支障がなければ手術はしなくて良いでしょう」医師談。


「半月板の手術って、

     どこのアスリートやねん?」
私談(笑)

スポーツを生業にしているわけではないんだから、
手術までしないでいいんじゃないの?

と、当初は手術はしない方向でいたのですが、
日常生活や仕事(立ち仕事だし)にまで
支障が出てきてしまったのでは、

私も困るしお客さんも困る・・・

(最近、何故か「私が生きてる間はお店やっててくださいね!」と、やたらと言われる)


というわけで、
今回思いきって手術をする決断をしたわけなのです。

どうせ手術するなら、
他の軟骨が傷まないうちに
やってしまったほうが良いみたいだし。

--------------------------------------------------------

↓というわけで内視鏡手術中の写真

cbDSC05344.jpg

白いヒラヒラした部分が断裂した個所らしく
(かなりボロボロでした)、

それをハサミみたいな器具でカットカットしてる所です。
(ちょっとグロいので写真小さくしました)

この断裂部分がヒザに挟まれた時、
痛かったんですねー。 

ああ納得。


↑別室にてライブ映像を観ていて下さいと言われたので、
恐る恐る観ていた私。

「メス」「ハイ」「汗」「ハイ」なんてのを想像していたら・・・

「謎の深海の生物に迫る!」

的な映像で終わってしまいました。

(内視鏡(関節鏡視下)手術のため、
膝関節内に生理食塩水を入れてたらしく
海の中で白い物がユラユラするみたいに見えた)


しかもたったの15分。


医学ってずいぶん進んでるのですねー(笑)


・・・というわけで、意外とあっさり済んでしまった店主の手術。

でも、術後はかなりの重病人みたいになって
帰って来ました。

やはり麻酔が辛かったらしく(ちなみに下半身麻酔)
「動けねー咳もできねー」
と、管を色んなとこに付けられて、しばし寝たきり。

そりゃま、他人が見たら簡単そうでも
膝の一部を切ったのだから痛いわな。




cbDSC05376.jpg

↑3泊4日の入院を経て、退院 次の日の店主。
(まだ抜糸してない)

ええ?もう働いてるのー。

まだ本調子ではないらしいのですが、
術前の痛さに比べたらぜんぜん平気らしい。

仕事がリハビリなんだと・・・(勝手な解釈)




・・・というわけで、手術から約一カ月たった今は、
前と変わらず、

いや前より調子良く仕事しております。

目標に向かってトレーニングも復活させてるし。

なんと!今年もマスターズに参戦するんだと・・・・
しかも、今年はハンマー投げに挑戦するんだと・・・・
(もはや リハビリの域を超えてます (笑))

-------------------------------------------------

ところで
「半月板って無くなっても大丈夫なもんなのですか?」

という素朴な疑問を抱くのが普通ですよね。

やはりね、膝のクッションをする役割のモノが
なくなってしまったので
大丈夫ではないらしいのですが、

そこは「筋肉」でカバーするんだそう。

(店主曰く、今までめちゃくちゃクッションのいい
スニーカーを履いてたのがペタンコ靴になっちゃった・・・
みたいな感じだそうです)


「俺は一生トレーニングを続けないといけない体になったわけだ」

心なしか嬉しそうな店主。

「それで食ってるわけじゃないんだから、そこまでやらなくても」とか
「いい歳なんだから、もうやめなさい!」とか、

今までは外野(私や両親)がうるさかったですからねー(笑) 

休みのたびにグランドに行こうと、
バーベルがそこらじゅうにころがっていようと、
これで誰にも文句を言われなくなったわけです(笑)

まあ、何事も前向きに考えられる店主には脱帽です。
(本当はそんなに簡単な事ではないだろうに)

よっ、「生涯アスリート」頑張れー。

                                April.27.2012 fumi



最後に、この連休の休業日のご案内です。


5月4日(金)5日(土)6(日)は連休させていただきます。

4月29(月)と3日(木)は営業いたします。

お客様にはご迷惑をおかけしますが、なにとぞよろしくお願い致します。

                    
関連記事

Cafe Bleu

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する