OUR FAVOURITE SHOP

ナマケモノ目覚める

Posted by Cafe Bleu on   0 



こんにちは、店主です。

毎日暑いですね。 夏ヤセしないかなー(笑)

でも、こんな時こそ栄養を摂らないと!体力勝負だー!
と、やたらと食べて 逆に太ってしまうのが
恒例だった私ですが、今年は少し違います。

実は最近、
28年来の目標だった 運動 を本格的に始めました。




学生時代、
毎日毎日 部活(陸上)漬け だった私。

(実はその昔 インターハイ出場経験のある 投てき選手でした。
そうです、↑の写真は「砲丸」です。 どろだんごじゃないよ。)


本当は大学進学してずっと続けたかったのですが
(体育教師になるのが夢でした)、
いかんせん家庭の事情で、泣く泣く美容学校に・・・

でも、観念して美容学校に入ったものの、
陸上を続けたい願望は消えていませんでした。
(当時は国体に出ようかとマジで考えてた。)

しかし、美容学校で待ち受けていたのは、
思いもよらない苦労でした。

・・・そう、美容の仕事に”筋肉”は不要だったのです(爆)

シャンプーの練習では「痛いっ~!」と言われ、
何をするにも”力”があだとなり 毎日怒られっぱなし。 

自分の夢と違う道に進んだとはいえ、
これではあまりにも不本意です。

その頃から 仕事のため、
筋肉を無くすことに専念しました。

運動することさえ キッパリ辞めてしまいました。

いまだにバッグを右手で絶対に持たないのは
その頃の名残りです。

・・・しかし、引っ越した先に ちょっとした公園など見つけると、
「ここ運動するのに良さそうだ」などと 思ってしまう自分もいました。
(悲しい習性・・・未練タラタラ)

でも実際は、
当時の美容師の仕事って、朝は早いし夜は遅い。
特に夜なんて、
終電にさえ間に合わないこともしょっちゅう。

あれ? 一体いつ運動するんだ? 
どう考えても無理じゃん。(笑)

唯一出来たのは、
終電を乗り過ごしたときに家まで歩いて帰ることくらい。
あのころは、10駅くらい歩いてたかな?

(運動と言うより、タクシーに乗れる給料など貰えないので歩くしかない。
当時のインターン生の給料なんて 笑っちゃうくらい少なかった・・・・)
 

そして帰れば深夜の2時3時、
仕事の疲れも相まって 即バタンキュー。 
次の朝も早いんだ これが(笑) 

もうー 限界ギリギリ!

もっとエラくなったら「自由な時間」というか
「時間に余裕のある生活」ができるんだろうか?

普通の人みたいに休日に汗を流したり、
出勤前にひと走りするなんて夢のまた夢だと思っていたあの頃。 

ならば、誰よりも早く上に上らねば・・・・・と、 
見習い手習い、一人前になる為には ひたすら練習練習~! 

深夜の なんちゃってトレーニング
暫く続いたのは言うまでもない(笑)

そんな生活が何年も続き、
いつのまにか腕の筋肉も落ち
「力」で怒られることもなくなっていました。


cbDSC00077.jpg

そして月日が流れ、
あの頃からしたら少しは余裕がある生活が
できるようになりましたが、

自分にとってやるのが当たり前だと思っていた運動も、
忙しさや時間の不規則さに体が慣れきってしまい、

やらないのが普通になってしまいました。


美容師 = 不摂生 


世のイメージ通りの生活を経て 今に至ります(笑)

運動をしなくなって28年・・・・
ひとりの人間が「一人前」になるような歳月です。

私の体にも、もうひとり分の「垢」・・・
というか「脂肪」が溜まっていました(笑)

筋肉って脂肪に変わり易いのですよ。

実際、まだまだ陸上に未練はあったりするのですが、
こんな体じゃ(こんな歳じゃ)もう無理!

軽々と走るムスコを横目で見ては、走れない自分にガッカリ・・・


ああ、過去の栄光よ いずこへ?


--------------------------------------------

さて本題はここから・・・(前置き長いなー)

実はうちのムスコが中学になり、
「陸上競技部」に入りました。

小さい頃から「かけっこ」は群を抜いて速い子でしたが、
競技で速いのとは別

フォームや筋肉の使い方、
走りの起承転結…などなどがあってこその「走り」。

ただ走ってきたムスコには
走りの技術が身についてなかったのです。
(おまけにヒョロヒョロ、100mを全速で走りきる体力もナシ)

他校から集まってきた
体のできた子たちには太刀打ちできず、

”普通にいたら速いんだけどねー、もうちょっと頑張りなー”

・・・って存在に。

この現実には、
小さい頃から「○君速いよね~」と言われ続けてきたムスコも
凹んだらしいです。

(同じくカミさんもがっかり、笑)

それからですか、
ムスコの個人練習に付き合うようになったのは。

ここ2年くらい
競技場が使える休日は必ず練習しに行ってましたからね。

我ながらよく続いたもんです、
それに着いて来たムスコも まあエラかった・・・
ってことで。(ホントはまーだまだ甘いが)



cbDSC01747.jpg

↑姉(運動の才能ナシ)と鬼コーチが見守る中、走るムスコ。


どう考えても「100m走」は層が厚すぎる ってことで
途中で「ハードル」に転向させたら、
徐々に頭角を現し出したムスコ。 

おかげさまで
今年は「大きな大会」に駒を進めることができました。
(ほら なんたってコーチがいいから、エヘン。)

「なにも泣くまでやらせなくてもいいじゃない!」

と、部活経験のないカミさんには
毎度 非難されながら続けてきましたが、
ムスコの頑張りと 結果が結びついたのを見て 何か悟ったらしく、

「私が何をやってもすぐにへたるのは、
若い頃にそういう経験がなかったからかもね」

などと呟いていました。

そうなのですよ、
実は私も どんどん伸びてくるムスコを目の前にして、
昔の情熱が甦ってしまいました。


「俺も もう一回 表彰台に登りてー!!!」


だが この歳(この腹)じゃ無理か ・・・・
と、この時は思っていました。 

まさかこの後、衝撃の出会いがあるとも知らずに。



cbDSC00036.jpg

長くなったので ちょっと一息・・・・

↑は、ムスコが4年生くらいの頃。(ダントツの一位)

この頃は ただ走るだけで一等賞が簡単に取れてたのだが
・・・競技の道はキビシかった。

それにしても、ちっちゃかったなー。

今は私の身長も抜かれそうな勢いなんですよね。 
数年前に抜かれたカミさんが
「複雑な気持ち」と言ってたのが分かる気が・・・・




cbDSC01785.jpg

まだまだ投げられるぞ。 飛ばないけど(笑)

実は私も始めることにしました。
そう、めざせマスターズ大会!


あれは4月くらいでしたかね、
とある「グランド」でのこと。

明らかに私より年上と思われる方々が
楽しそうにトレーニングしているのを目撃しました。 

何の団体だろう?と 気になりつつも、
ムスコの大会前ということで
とりあえずはコーチに専念していましたが、

汗だくになりながらも楽しそうに走っている人たちが
どうしても気になる・・・・・

よく見てみると、この方々 歳のわりにはめちゃくちゃ速い。 
基礎もできてるみたいだ。 

・・・これは ただ者ではないな。

結局 最後に声を掛けてしまいました(笑)

聞いてみると、「マスターズ」という大会に向けて
練習してる団体なんだとか。

しかも全員50歳を過ぎてるって・・・・!!!???

チームのトップの人は100mを11秒台で走って
7年連続で優勝してるって・・・!!!!!

おまけに、、、

「あなたいくつ? 45歳? 

まだまだ若いねー、いっしょにやらない?」とな?


いや~ このひと言、
ショッキング過ぎて頭の中がパニックです。

いえね、私くらいの歳になると
美容界では引退間近のおっさん扱いですからね。

自分でも、そういう立場なのを常々感じ
寂しい思いをしてきましたし、、、

それが「若い」って・・・・

早速 家に帰ってマスターズのことを調べてみると、

未経験で始めた人もいるし
70を超えた女性もいたりする、
100歳になって世界記録を出している人も!!! 

なるほど40代なんてまだまだ若いわけだ。

・・・・・自分の知らない世界でした。

いつかもう一回挑戦してみたいと思いながらも

くすぶり続けて28年。


いつの間にか自分で「自分の終わり」を決めて
諦めてしまっていたような気がします。 

こんな世界があるのを知り、正直ショックでした。

そして後日、先日会った方々にグランドで再びお会いしたとき・・・・
「もう一回やってみよう!」と決めました。


過去、インターハイに出場したことは
(そこに行くまでの練習を重ねたことは)
確かに 今も自分の中での自信につながっています。

でもそれは単なる過去の栄光・・
「昔の名前で出ています」じゃカッコ悪いもんね。

ほら、よくいるじゃないですか、
NY帰りだのロンドン帰りだの、東京に行ってたの
昔の自慢をする人。 

私は、今がどうか のほうが重要だと思って来たハズなのですが、
このままだと それと同じになってしまう気がします。 

このままじゃ・・・

「昔はあそこまで飛んだんだぜ。」

「昔はこんなの何百回も出来たんだぞ。やってみろ。」

「この辺まで足上げろ~~~! そうじゃな~~い!!!」 


ムスコの練習に付き合うと言っても、いつもこんな感じ。
お手本は一切ナシ。

要は口で言うだけで、昔のことを語ってやらせるだけ。
今の自分は、すっかり「棚の上」に乗ってしまっています。

これじゃ、ちっとも信憑性がないですよね。

たしかに昔の経験があったから
教えられることはたくさんありますし、
コーチする人が選手以上の実力がある必要もないのですが、

口しか出せない自分に だんだん嫌気がさしてきました。

「こうやってやるんだよ!!!」っていう
見本を見せてあげられたら・・・

せめて、一緒に走って
孤独な練習を少しでも楽しくしてあげれたら・・・

昔の自分を完全には取り戻せないとしても、
自分と戦ってる姿を大人が見せてやるのも
ひとつの手本になるのでは?

ならば、もう一回挑戦してみよう。 納得の行くまで・・・・



cbIMGP1460.jpg

円盤も投げます。 

今欲しい物ナンバー1は・・・マイ「槍」!
(すでに マイ砲丸&円盤はゲットしてます 、笑)


・・・ただ、
気持ちが高まって「やる」と決めたものの、

体が気持ちについてこない!


とりあえず投げてみたのですが、
あまりの筋肉の無さに愕然ですよ!!!

フォームは様になってるが、
中学女子並みの記録しか出せないって・・・・

ああ、たるんだお腹がうらめしい(笑)


まずは歩こう・・・・(出来ることからコツコツと)

そして、毎朝 毎晩、歩き始めて約4ヶ月、
体重も5kgほど減り
お腹周りのダブつきもずいぶんスッキリしてきました。

ただ、目標は筋肉を取り戻し
大会に出ても恥ずかしくない「記録」を出すこと・・・・。

痩せることは目的ではなかったのですが、
それだけ余計な脂肪が付いてたってことですね(笑)

最近の日課は一日10km歩くこと&腹筋100回・・・

今のところ、大雨の日も灼熱の日も
欠かすことなく毎日続いてます。 

そう、今までならダラダラとしてた時間に
大汗をかいてます


美容の仕事はずっと頑張ってきました。
過去がどうだったかなんて関係なく。 

だから、腕にはそれなりの自信を持ってやっています。
(自信がなきゃカネ取っちゃダメだろうて。)

でも、美容以外のことはどうだろう? 
何か頑張ってきたことはあるのか????
 
いろいろな縁があって、やっと本格的に始めることになった運動。

思えば、少し余裕ができた時期に始めれば、
出来ないことはなかったハズなのですが、
仕事に託けて やろうとしなかったのはこの自分。 

ダメ人間でした。

ナマケてた自分よ さらば・・・・

毎年 年老いていくのにもかかわらず、
少しでも記録を上げようと努力しているマスターズの人たちを見て
(普通はどんどん甘くなるのに・・・)、

自分もそうなりたい!と、素直に思いました。


昔の自分と比べたり、
他の誰かと比べたりするのではなく、

今の自分と向き合って
欠点や足りないことを少しづつ補っていこう。

よし!3年後は表彰台に乗ってみせるぞー!!!

--------------------------------------------------

皆さまも、諦めたこと、断念せざるを得なかったこと、
言い訳をしながら なかなか始められないこと・・・
色々とあると思います。

やるもやらないも個人の自由なので、
私がとやかく言うことでもないのですが、

それは 他の誰かのことではなく「自分」のこと。

今さら・・・もう歳だから・・・なんて、
やらずして諦めることはひとつも無いと思います。

美容やファッションも同じですよね。
もう歳だし・・・なんて諦めちゃうと

そこで進化は止まってしまいます。


・・・無理やり最後にこじつけた感がないでもないですが(笑)、
美容と運動って意外と似てるんですよ。

人の練習方法を見習い、
自分に合った練習方法を見つける・・・

「自分なりの目標を持って、自分らしく、自分を追求する」みたいな。

目標に向かって努力してる人って、なにかこう・・・

輝いて見えるもんですよね。
 
今現在の自分と向き合って 目標を決めたら、
出来ることからコツコツと・・・
少しずつ始めてみませんか?

数年後には、きっと誇れる自分がいるはずです♪

・・・と言う私も、数か月前の自分からしたら、
ずいぶん変わりました。

久しぶりにご来店される方、ビックリしないでくださいね(笑)
(内心、少しプレッシャーが・・・)



今回は美容とはあまり関係の無い話ばかりでしたが、
トレーニングを始めて以来、、、

実は 美容の方の「煮詰まり」も、驚くくらい無くなってきました。

毎日が充実してるって こういうことだったのか・・・・・(笑)


                             August.07.2010  店主

関連記事

Cafe Bleu

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する