OUR FAVOURITE SHOP

シャンプーを作った理由 その4

Posted by Cafe Bleu on   1  0

DSC03015cb.jpg

前回のお話から、かなり間があいてしまいましたね。

そうこうしているうちに、
コンディショナーが出来上がってしまいました(笑)
(コンディショナーのお話はまた改めて書きますね)

さて、ここでシャンプー開発についての、
締めくくりのお話を聞いていただきたいと思います。 

以前のお話は ・シャンプーを作った理由 その1
          ・シャンプーを作った理由 その2
          ・シャンプーを作った理由 その3



良い工場(頼もしい研究員さん)と出会うことができ、
私のコンセプトを理解していただき、
少数ロットでもなんとか製造していただける体制が整いました。

これでやっと、お客様に向けて販売できます!

さてさて、容器のデザインはどうしよう?
何ml入りボトルにする?
ネーミングは?

中身の内容にばかり気を取られていて、
細かい詰めが出来ていませんでした。

・・・・・普通の企業なら、
まずこちらのほうを重要視するんでしょうけどね(笑)


そうそう、シャンプー開発などで、
この他に企業が重要視する点があるのですが、何かご存知ですか?

「これ」をシャンプーを買うときの基準にしてる方って
多いんじゃないかな~。 
何のことだと思います? それは・・・・・・・・・・

「匂い (香り)」です。


「このシャンプー、匂いが好きだから使ってるの~」
なんて方いらっしゃいますよね。

はたして、いい香り = いいシャンプーなんでしょうか?

今回シャンプーを作ってみて実感しましたが、
香りなんてどうにでもなるもんなんですよ。 

(イチゴだろうがとレモンだろうが、合成の香料を使おうが、
天然の精油にこだわろうが、何でもできます。)

ヘアケア用品って、「香り」を売りにしている商品が
意外と多い気がしますが、

逆を返せば、製品自体の内容が粗悪でも、
香りさえウケればある程度は売れるってことなんですよね。

しかも、一般的に良い香り~!と言われ、
世の中にたくさん出回ってる香りって、

本物に似せた「合成の香料」の香りなのですよ。

だから、ナチュラルハーブの香り・・・・
なんて表に大きく書いてあったとしても、
裏書きの成分表にはハーブらしき名前は載ってない!

「香料」とあるだけ。
もちろん、実際入ってないから書けないわけだけど・・・
(ところで「ナチュラル」って、いったいどこから出てきた?)

合成の香料はダメージ原因の一つなのです。
肌トラブルの原因にもなります。

しかも、そういった合成の香料を使っているようなシャンプーには
合成界面活性剤やら、強力なシリコーン類が付き物です。

そう考えると・・・・

香りが髪にずっと残っているということは、
良くない物を一日中髪に付けて歩いているということになります。 
これ、ホントに髪にいいんですかね?

・・・香りを残したいから、すすぎを一生懸命しない?

唖然・・・

それは、一番やってはいけない(危険な)行為です。 
天然の香りは、後残りなんかしないものです。

だから、香りだけを製品選びの基準にしてると、
後で大変なことになる恐れがあるのです。 

香りも好みで、中身の内容も良いものなら問題ありませんが・・・・


でも、シャンプーと言えば、「香り」が先ず気になるのが
人情なんでしょうね。

だって、今回シャンプーを作ったという話をすると、
「どういう香りなんですか?」と、聞かれることが多かったですから・・・

逆に、褒められるポイントもこの「香り」についてが
意外と多かったのですが。

個人的には、香りなんてあってもなくても気にしないのですが
(まあ臭いのは嫌ですけど)

洗っている時に、良い香りがするのはいい気分だし、
癒されますしね(笑)

だから、とりあえずは万人が好みそうな感じにしておきました。

もちろん、合成香料ではなく、
あくまでも ※精油ですよ・・・・

HARUKAシャンプーでは、
「オレンジ油」と「ユーカリ葉油 」で香り付けしました。

これぞ本物の「ナチュラルバーブの香り」です(笑)

ただし、精油と言っても、やはり「油」なので、
入れすぎると泡立ちの邪魔をします。

その辺のところは、何度も微調整をして、
製品的に納得のいくバランスにしました。

(香りまではネットでは伝わりませんが、
「今までにない良い香り!」・・・・と、すでにお使いいただいている
お客様からは、大好評です。・・・・ヨカッタ!)

※精油(エッセンシャルオイル)
 植物の花、葉、果皮、樹皮などからエキスを抽出したもので、100%植物性のみ
 の揮発性の芳香物質です。それぞれの植物により、異なる芳香物質や有効成分
 を含んでいます。
 ただし、植物 = 誰にでも安全で有効ということではありません。
 草を触って手がかゆくなったり、湿疹ができたりかぶれたり・・・
 植物と言えども、アレルギー反応が出る方はいらっしゃいます。
 HARUKAシャンプーは、アレルゲンとなりにくい素材の香料を、
 なるべく少量で配合しました。
 「安全」と「危険」の境界線をどこに引くかは、消費者それぞれの判断に
 お任せいたします。


一般的に天然香料は、
その採取に多くの手間や人件費がかかるため、
どうしても高価になってしまいます。 しかも、農作物なわけでして・・・・

収穫できる時期が年1回だったり、
年や場所によって、品質が変わってしまったり
(当然、豊作や不作があります・・・ワインみたいなもんですね)

そんな不安定で相場も決まらないような物に、
大企業が手を出すわけがないですよね。

だから、毎日コマーシャルで流れていて、ドラッグストアなどで
安価に売っているようなものには、使うことが困難なものなのです。

(儲けを考えたら、どう考えても使わないと思う・・・莫大なコマーシャル制作費を
使わなきゃ、もっといい物を作れる気もしますが・・・・いや待て、もし大手メーカーが
天然の素材ばかり使い始めたら、地球上の限られた資源のことを考えたら、かなり
無理があるな・・・・環境破壊につながるかも? これは大企業に求めてはいけない
難しい問題なのかもしれませんね。)



だから、一般的に売られている製品には、
天然香料と同じような香りで、人工的に安定して供給され、
安く作られる「合成香料」が主流で使われているわけです。

企業としては、決して間違った選択ではないと思いますが、
合成香料って、主に石油化学製品を化学反応させて作られている物
なのですから、

これはやっぱり髪にも地肌にも良くないんですよね。
(これは、お客様の髪を長いこと見続けた実感です)

だから、できれば使ってもらいたくない物のひとつなのです。


------------------------------------------

美容室でケアした髪を、

それぞれの家庭でも持続させられるものがないだろうか?

問題を抱えた頭皮にも、刺激にならず 優しく洗えて、
そして、髪にも潤いを残した洗い上がりを
実現できないものだろうか?

そんな考えで、
いろんなメーカーのシャンプーを吟味し続けましたが、
結局はどれも納得できず、自分で作ることにしました。

髪や頭皮に良くない成分は極力配合ぜず、
成分やその分量の面では随分と試行錯誤を繰り返し、
こだわって進めてきました

ですからここで、いくら安価と言っても、
危険性の高い「合成香料」を、敢えて使う気はしませんでした。 

やはり「初心貫徹」なのです(笑)


  HARUKA シャンプー 300ml入り 2800円

確かに一般的な市販のシャンプーに比べると、かなり高価です。

・・・・でも、香料ひとつ取っても、市販の物とは
原材料に対する考え方がまったくの別物です。


とにかく、中身重視です!

・・・・・と言うとかなりカッコイイですが、
コストとか、手間とか、儲けとかを深く考えず
作ってしまったので・・・



実はめまいがするほど儲かりません!!!


こりゃ~もしかしたら、作れば作るほど、凝れば凝るほど、
「儲け」から遠ざかってしまうのかもしれないですね。(号泣)

利益を追求するよりも、とにかくいい仕事をすれば、
なんとか食って行けるだろう・・・

まあ、そんな感じでやってます。

しかも、
少しでもお客様が使い続けやすいような価格設定にするために、
ラベルやボトルのデザインなどにかける予算も、
ギリギリに抑えるしかなく・・・

申し訳ないのですが、
かなり簡素なビジュアルになってしまいました(笑)


実は、容器って案外高いんですよ~、
しかも決まったロット数でしか注文できないし。
(これがハンパじゃなく大量!) 

実は、「お徳用サイズを・・・」との声も多いのですが、
一回の生産でいろんなサイズを作るなんてことは、
少量でしか発注できない、うちのような弱小店舗には不可能なことなのです。

こればっかりは、大手メーカーさんには太刀打ちできません。
ご不便をお掛けしますが、300ml入りのみで失礼します。

ちなみにボトルデザインですが、
文字の配列や色指定などは、こちらでやったので
かなりメチャメチャですが、

ロゴマークのデザインは、
ショップカードを作ってもらった「デザイナーさんの作品」です。 

ショップカードには、違う案のほうを採用させてもらってますが、
このロゴも捨てがたかったので、今回許可を取って使わせていただきました。

よく見ると、cafe bleu の「c.b」が、
ハサミマークになってるんですよ♪ 
気づいてました?

そして、ネーミングの由来は・・・・

遥か彼方まで美しく」ってことで、「HARUKA」です。

・・・・なんちゃって~(笑) 
そんなに深い意味はないんですけどね。
まあ、そういうことにしといてください。
 
※さて、このシャンプー容器ですが、出し口の穴が大きいため(↑の画像を参考に)
ついつい出しすぎてしまう方が多いようです。 

それではもったいないので(ほんの少量で洗えます)
くれぐれも使いすぎないよう、加減していただければと思います。 
ご迷惑をお掛けいたしますがよろしくお願いいたします!
(どんどん使って、次から次へと買ってもらったほうが、売上的には
嬉しいのですが、そういう無駄を勧めるのは、人として正しいのか?と・・・)


ただし

中身は、品質から考えると非常識なくらい安い価格になっています。 

純粋に、髪と頭皮の事だけを考えながら、
今の自分が納得できる製品を、妥協することなく作ったつもりです。 


もっともっと高額で「超高級シャンプー」と言われるような物も
巷に出回っていますが、(な、な、なんと300ml 1万円以上!!)

それにも、勝るとも劣らないシャンプーだと自負しております。
(そんないい物、簡素な容器に入れるな!って話ですが)

この価格でこの中味・・・

十分感動してもらえるだけの内容かと思っています。


--------------------------------------------------

さて、HARUKA シャンプーの特色を最後に・・・・・

・安全性の高い成分だけを(アミノ酸や糖類で作られた界面活性剤など)
 バランスよく配合しました。 当たり前ですが「弱酸性」です。

・頭皮を清潔にしながらも必要以上に皮脂を落とさない、
 絶妙な洗浄力を実現しました。
 そもそもシャンプーは髪や頭皮を洗うものです。
 物凄いツルツルの手触りにはなりません。

シャンプーで髪の毛を修復しようと思うことに無理があります。

・配合する素材(成分)を極力少ない種類に抑えました。
  配合する素材の種類が少なければ少ないほど、アレルギー反応の要因が
  少なくなり、より多くの方に使っていただける製品になります。
  何でもかんでも良さそうな物を入れたからと言って、必ずしも良いものとは
  言えないのです。

・微香料です。
 合成香料ではなく精油で香りを付けしましたので、洗っている間しか香りません。

・化粧品製造に長けた研究員のアドバイスの元、調合をしているので、
 髪もさることながらお肌にとっても、安全性が高い製品になりました。
 もちろん、1日に何人ものお客様をシャンプーする美容師さんの手も
 荒れません。(実際に私の手も荒れてません)

 ※小さなお子様や、お肌の弱い方にも使っていただけます。

・髪にダメージを与える要因となる成分を極力使っていません。
 ダメージでまとまらないから、カットしなきゃ・・・・
 カラーリングの退色が激しいから、またカラーしに行かなきゃ・・・・
 なんてことも少なくなるので、美容室に行く回数が減ってしまうかも。
 
・ごく少量で泡立ちます。
  通常のシャンプー剤が500円玉一枚分を目安とするのならば、
  「 HARUKA 」シャンプーは10円玉一枚分程度で十分です。
  案外経済的です。

※ただし、薬ではありませんので、その効果は絶対というものでは
 ありません。あくまで個人差があることもご理解くださいませ。


----------------------------------------------------

いろいろな苦労を乗り越え、試行錯誤を重ね、
やっと出来上がったシャンプー剤です。

私の今までの美容師人生の「集大成」と思えるくらいの出来栄えです。
(実際の話、毎日自分で使ってみて、「やっぱコレいいわ~」と、
ついつい自画自賛してしまい、カミサンに笑われています(笑) )

儲けは出てませんが
(いや、出ていないどころか、かえってビンボーに?)

使っていただいた方から、お褒めの言葉を頂くと、
本当に嬉しくなり、救われる思いです。

虐げられながらも、頑張った甲斐があったってもんです。


あなたも、年に1回、月に1回のものよりも

「毎日」 のもの を、もう一度見直してみませんか?


                              April.18.2007 店主

関連記事

Cafe Bleu

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

1 Comments

えんしゅう says..."馬鹿な美容師にヤラレちゃって!わかった事"
私とカフェブリュとの出会いは、
ある都内の有名な美容室の馬鹿な美容師がパーマを失敗してしまった事から、私の髪をなんとか治して欲しい美容師さんを探していて、カフェブリュの御店主にたどり着いた次第です。
 その時の私の髪!、、、それはそれは見事にパーマを大失敗しでかしてくれて、映画、「オースティンパワーズ」のビヨンセが演じたフォクシー・クレオパトラの様に見事に広がって!(私の髪はその美容室に来店する前、胸元まで髪の長さがありました。)
想像しておくんなまし!
その姿をその場で見た時、、頭でか女王フォクシー・クレオパトラ!が鏡の前にいました。
いや~、あの時は思わず涙目になりましたよ。
しかも、その美容師が「ワイルドアンドビュ~ティに仕上がりました。これも良いです。うん、うん。」と、と、と、真顔でのたまったのでございます。
しかも、来店前は黒髪だったのに、そいつがヘアカラーをしたら、髪はOンキーなみの退色した艶のない茶髪にされた挙句に、そのヘアカラー剤が落ち着かず、何時までも流れ出て、洋服に付いたりしたのです。

さあ、心あるアンド本当に技術のある美容師様方、及び、「あ~あ!私も経験あるある」とうなずいた女性諸君、何がおこったんだか、お解りですよね。
私は当初ま~ったく解りませんでした。わはははは~!泣くことしかできませんでした。
これが美容師まかせにしている事の恐ろしさです。
ねえ、想像してみて下さい。
あなたがそうなった次の日、大事な彼と結婚式を控えていた。とか、
あなたがそうなった次の日、大事な就職先の面接を控えていたりしてごらんなさいってば!
私の髪、、ブラシが全く通らなくなってました。それはそれはブルーになりましたよ。
私はちなみに以前の職に復帰したばかりでしたが、プロフィール用の写真は撮りなおすはめになり、仕事も幾つかできませんでした。
これが美容師まかせにしている事の恐ろしさです。

 で、結局私は厚生省が認可していて、美容師さんや毛髪診断士がいる検査機関に私のワイルドアンドビュ~ティに仕上がった毛髪を検査して貰いました。
 電子顕微鏡や毛髪の強度を測定した結果、「今生えている髪全て、施術不可能」と結果が返ってきました。
詳しく説明して頂いたところによると、つまり、髪の傷みが酷くてパーマ、ヘアカラー及びヘアマニキュアも再び施術不可能でカットしか出来ませんよと言うことでした。
 
その美容室に来店前の私の髪は、普通にウエ~ブのかかった胸元まで長い黒髪だったのに?
 ワイルドアンドビュ~ティに仕上げた美容師さんだって「髪のコンディションは傷みもなくてパーマをしても問題ないです。ばっちりです!」と毛髪診断の時に、はっきり言っていたのに何故?
 髪の施術の要望だって、そのまんまだと詳しく説明したのに何故?
 しかも後日、私の事を「お客さん本人がそう要望して、無理やりパーマをかけろとごねられて仕方がなくパーマをかけた。途中で急に怒って大騒ぎして帰ってしまった。」と言ったのは何故?、、、、、
しかも、その嘘つきまくりを弁護士さんが最初、鵜呑みに信用して物凄くモメチャッタじゃないか!、、、
とクレーム潰しは大手だと弁護士さんもご用意しての周到さ、、。皆さんご注意を!損だよ。損だよ、そんなのに関わると時間が無駄に過ぎていきますよ。

美容師さんも色々いるもんだわ。技術職って、たえず精進する力強さが必要じゃないかと思います。
しがみつくではやっていけない厳しさがあると思います。
技術職ってた~いへん!凄い!としみじみ見ていて感じます。
それは全ての技術職の方がたに感じます。本当に感謝してます。
あなた方のがんばりが私を生かしてくれているんだと感じる今日この頃です。ありがとう!
ま~あ、情熱もなくなっても職にしがみつく奴はこんなもんだ!と今は納得。
カヘェブリュの御店主とは種族が違うみたいです。

髪の毛は滅茶苦茶になって、美容室のクレーム潰しも経験しましたが、良い美容師さんの選び方は身につきました。
それは応用が効くようになって、最近腕のよ~いスポーツトレーナーと出会いました。
カヘェブリュの御店主を基準にして、自己判断力を養うようアドバイスしてくれるスポーツトレーナーを選びました。お陰様で人生がより楽しくなってまいりました。ありがとうございました。

 カヘェブリュに初めて半べそをかきながら来店した時、その滅茶苦茶な私の髪をカヘェブリュの御店主はさらさらの髪質に戻してくれてヘアカラーもしてくれたのです。
あの時ほ本当にびっくりしました。
だって、科学的に分析診断して貰って「施術不可能」と診断した髪なのですよ。
 それに、カヘェブリュに来店する前に、念の為に毛髪診断士の資格を持ったW社日本社で美容師のインストラクターをした経験のある美容師さんで、その会社の本社D国に美容師留学した経験もあって、雑誌やTVでも有名な美容師さんに私のワイルドアンドビュ~ティに仕上がった髪を診断して貰っていたんだけれど、結果は「カットしかできない」と言い渡されていたにもかかわらず、カヘェブリュの御店主は、、さらっさらに仕上げ、しかもヘアカラーまでしました!
「あんたいったい何者!」と初来店時に叫んでしまいました。
ちょっと漫画みたいな展開じゃあ、ありませんか。ミーハーみたいにワクワクして興奮しました。

今は落ち着いて、つらつらとその時の事を考えているのですが、あの私の髪を科学的に分析した研究機関の分析結果はうそじゃあない。
W社インストラクター経験者の美容師さんも同意見だった。
でもカヘェブリュの御店主は施術できた。
ああ、パイオニアなんだ。上回る技術と知識があるってことかい。
ということはW社が出したシャンプーやコンディショナーよりは質は上だろうなあ。だって知ってればつくれるけど、知らなきゃつくれないもの。とTVのコマーシャルを見ていて思いました。
 カヘェブリュのシャンプーアンドコンディショナーのお陰様で頭皮が柔らかくなりました。生え際が以前は少し毛量が少ないなあと感じていたんだけれど、よく生えてくる様になりました。
 一度皆さんカヘェブリュのシャンプーアンドコンディショナー使ってみて下さい。すご~くいいですよん!
乱文ご容赦下さりませ。



 
2007.11.17 03:41 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://cafebleu.blog14.fc2.com/tb.php/338-414e050e