OUR FAVOURITE SHOP

髪を伸ばすには・・・ その2

Posted by Cafe Bleu on   0  0

DSC03124.jpg

前回、髪を伸ばすためには カットラインの崩れに対して、
多少のガマンが必要ということをお話しましたが、

今回は伸ばせない原因の
②、切らざるを得なくならないために・・・
ケアについて、お話したいと思います。
 

せっかく伸ばそうと決意しても、
髪が傷んで毛先がパサパサしてきたら、
嫌になって切りたくなりますよね。

案の定、美容師さんも
パサパサした髪を見ると切りたくなる人が多いみたいです。
・・・うちの店主は意地でも修復したくなるそうですけど(笑)

残念ながら傷んだ髪って、
伸ばしてもあまりキレイには見えませんよね。

伸ばすからには、
シャンプーのCMのモデルさん並みにキレイなのがいいですよねー。

・・・だからと言って傷んだ度に切ってたら、
いつになってもロングヘアにはなれません。 

傷みきってしまって、しかたなく切るハメにならないためには、

髪を傷ませないこと

ってすごく重要なのです。

前回のテーマ、「カットライン」が少しくらい崩れたとしても・・・
健康な状態の髪なら、広がらないで済んだりします。

でも、逆にダメージがひどい髪は、
カットラインが崩れていないのにもかかわらず、
広がってまとまらない!なんてことになります。

だから、カットラインを気にするより、「ケア」を気にするほうが、
ロングヘアへの一番の近道とも言えるのです。



髪は肌と違って、死んだ細胞でできてます。
(爪と同じようなものです)

一度、傷んでしまったら、元の状態には戻らないことは、
このブログでもよくお話してますよね。 
詳しくは  →髪の構造  →髪の生えるしくみ

髪は、根元で作られ伸びるしくみですが、
植物の枝のように 毛先に栄養が届くしくみではありません。 
ましてやお肌のように、自然治癒なんて絶対にしません。

傷んだ部分があったとしても、そのままです。
髪に自己修復機能はないのですから。

髪は一張羅(いっちょうら)の服のようなモノ
ってお話したことありましたよね。

大切な服なら、出来るだけ長い間着られるよう、
大事に大事に手入れしながら着るでしょう?
オシャレ着洗いを使ったり、手洗いしてみたり、大事に扱うでしょ。

でもあなたは、そんなことは深く考えず、
ガンガン洗濯機で洗ったり、
漂白剤につけっぱなしにしたりして、

あっというまにヨレヨレにしてしまいました。
しかも、あちこち"ほころび"だらけ・・・・

クリーニングに出したり、
お直し屋さんに出せば何とかなるかな?
と思ってももう遅いです! 

繊維自体が擦り切れてしまっているのですから、
もう誰にも直すことはできません!

仕方がないからキッパリ捨てて、
新しいのを買って心機一転することにしましょう。

・・・・じゃあ、それが服じゃなくて だったら???


-----------------------------------

たとえば、あなたの髪の長さが現在"20cm"としましょう。

毛先部分は"1年半"以上前から
あなたと共にずっと一緒にいたってことですよね。

この1年半で、何回シャンプーしましたか?

ヘアカラーやパーマは何回しました?

えっ、毎朝アイロンで巻いてるって?・・・・・


洗浄力の強いシャンプーで毎日洗って、

頻繁に薬剤による髪の整形手術のようなパーマやカラー
を繰り返してしていたら、どうでしょう?

しかも、ヘアアイロンの熱って、160~180℃になるんですよ。
てんぷらの適温が180℃って知ってました?

髪も、熱に弱いたんぱく質で出来てるんですけど・・・・

------------------------------------------------------------
20cmの髪と言えど、毛先のほうはかなりイジメられてます。
↑ のことを例にとってみても、たった20cmの髪の毛先でも・・・・

・毎日シャンプーする人がほとんどでしょうから・・・
 約550回洗っていることになります。

 シャンプーの品質にこだわらなくて大丈夫ですか?
 同じ服を毎日550回も洗ったらどうでしょう?


・白髪や色の段差が気になるからと、2ヶ月に一度カラーをしてるとしたら、
 毛先の方には9回も(!)カラー剤が作用してます。

 その他にパーマや縮毛矯正をしてたら、さらに違う薬剤も作用してます。
 化学的損傷に対して、きちんとした考えがあるサロンを選んで、
 髪に負担の掛からない処理をしてもらってないと、
 髪は持ちこたえられません。

-----------------------------------------------------------------

毎日のシャンプーやスタイリングの方法、商品選択など、
ダメージの要因はいたるところに存在します。 

家庭で毎日蓄積され、進行する損傷もたくさんあります。

パーマやカラーといった化学的損傷に対してはサロンで
(あくまでもキチンとした考え方のサロンのこと)
ある程度は処置できますし、ダメージを修復する技術もあるでしょう。 

でも、そればかり当てにしてていいのですか?

「傷んだから美容室でなんとかしてもらおう~」

では、あまりにも発展性がなくはないですか? 
そのつど結構なお金も掛かりますし・・・・

しかも、修復すると言っておきながら
できないサロンの方が断然多かったりしませんか?

さあ、結局「得」をするのは誰でしょう?


この辺で考え方を変えて、
「傷ませないための意識」をしてみてはどうでしょうか?

幸いこのブログでも、色んなところにそんなヒントが書いてあります。
じっくり読んで、徐々に意識を変えてみて下さい。




髪を長く伸ばすということは、

今ある髪 をず~っとず~っと、

きれいに維持し続けないといけない


ってことなのです。

上に書いた20㎝の長さの例は、
ちょっとひどい例ですけど(案外当てはまる人もいそうかな?)

だって、20㎝でこれじゃ、
これから50cmまで伸ばすなんて言ったら笑われちゃうでしょ。

長い年月、同じものをきれいにキープするということは、

"毎日の積み重ね"
"意識の違い"

が大きな差になります。

ちなみに私、レングスは揃ってませんが、
一番長いところは40cmほど。

カラーは年に2、3回程度、
髪への負担と白髪が増えたことを考慮して、 最近「ヘナ」に転向しました。
もう明るいカラーはやめました(笑)

お店で扱っているシャンプーで洗ってますが、
はっきり言って毎日は洗いません

たくさん汗をかく環境ではありませんし、
整髪料の類は一切使っていませんので毎日洗う必要もないんですよね。

すでにカラーもパーマも、縮毛矯正も経験済みの髪です。

全く傷んでいないとは言いませんが、
ずぼらな性格のわりには、まともです(笑)

マメに切っているわけでもないし、
手入れしてないわりには枝毛もないですよ。

あっ、美容室にいるからって、
特別まめにトリートメントなんてしてもらってないですよ!
(忙しくてそんなゆとりがない状況)

でも、ここまで伸ばせてるのは、
多くを望みすぎず、ダメージになるようなことを、なるべく避けてきたから
かもしれないですね。

調子に乗って、まだまだ伸ばそうとしてますけど・・・
ここまで来たら、自分のヘアサイクル
どんななのか、調べてみようなんて、もくろんでます。 

今のところ、もみあげ部分だけヘアサイクルが極端に短いことしか
判明してないもんで(笑)


次回は、ダメージやケアについて、もうちょっと深く突っ込んでみますね。

「髪を伸ばすには、こまめに毛先をカットしたほうがいい」
っていう定説がホントなのか?って話なんかもあり! 

お楽しみに~。   (→コチラ

                       August.13.2006 fumi

関連記事

Cafe Bleu

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://cafebleu.blog14.fc2.com/tb.php/304-130d6c5a