OUR FAVOURITE SHOP

メラニン色素とは?

Posted by Cafe Bleu on   1  0

黒、ブラウン、赤、ブロンド、白など、
毛髪にはさまざまな色がありますが、
この色は肌の色と同様、

メラニン色素によって決まります。    

先日、髪の生えるしくみでも少し触れましたが・・・・・・
 
メラニン色素を作るメラノサイト(色素生成細胞)は、
髪の「製造工場」にあたる毛母細胞
入り混じるようにして存在していて、

髪が作られる過程で「髪の内部」に取り込まれます。 
それが定着して髪の色となります。

毛母細胞そのものがつくり出す毛髪は、
もともとは色が付いていません。

それを黒っぽく見せているのが
「メラニン色素」のはたらきなのです。

メラノサイトのはたらきが、
何らかの原因で弱まったり
消失したりしてしまうと、

髪を黒くするメラニン色素がつくられなくなり、
メラニン色素を含まない白い毛のまま成長します。


それが「白髪」です。

------------------------------------
白髪になる原因としては、

・老化
・遺伝的要素
・ストレス
・生活環境

などがあげられていますが、
残念ながら原因ははっきりと解明されていません

このメラニン色素は、

髪を形成する毛髄質(メデュラ)、
毛皮質(コルテックス)、
毛表皮(キューティクル)

の3つの層のうち、
髪全体の95%を占める、毛皮質(コルテックス)の中に
ドーナツ状に沈着しています。

かんぴょう巻きに例えると、「ご飯」の部分に
存在しているってことです(笑)

kami-abc.jpg
毛髪は・・・・

・毛髄質(メデュラ)
毛皮質(コルテックス)
・毛表皮(キューティクル) 

 の3つの層から
 できています。
 

本来、毛髪自体には色はありません。
コルテックスに分布する、メラニン色素の色が透けて見えることによって、
髪は黒く見えるのです。

ですから、「キューティクルは透明」ということです。 

以前、髪の構造をかんぴょう巻きに例えましたが、
今回はそれだとわかりにくいですね。

「海苔の代わりに
ラップで巻かれた、
赤飯のかんぴょう巻き」

って感じでしょうか?
髪は赤じゃないよ~と言う方は、イカ墨でも混ぜといてください(笑)

美味しくなさそうな食べ物ですけど、
そんなのを想像してくださると、よりわかりやすいかと・・・・・

------------------------------------
毛髪の色は、「肌の色」や「目の色」と同じく、
民族や人種などにより多種多様です。

髪のメラニン色素は、
毛髪を着色して、頭皮を過剰な
「紫外線」から守る役割をしています。

南方の民族の髪が黒いのは、
黒色が一番「紫外線をカット」する作用があるため。

逆に、
北方の日光の弱い地域の人種は
金髪や銀髪・・・

というように
「自然環境」に適応するように
長い年月の間に変化してきたようです。

髪の色は「遺伝的な要素」で決定されるものなのです。


メラニン色素は球体の小さな粒で、

「ユーメラニン」という黒褐色系のものと、
  
「フェオメラニン」という赤黄色系のものの

2種類があります。

この2種類のメラニン色素の粒の量の違いが、
黒髪、赤毛、銀髪・金髪など
様々な髪の色を作っています。

アジアやアフリカ系人種の黒髪やダークブラウンの毛髪には、
「ユーメラニン」色素が多く含まれています。

金髪や赤毛の毛髪には、
「フェオメラニン」色素が多く含まれています。

例えば、日本人の、黒髪には

大量のユーメラニン
少量のフェオメラニンが含まれていますが、

金髪には、
ほとんどフェオメラニンしか含まれていません。 

ユーメラニンの量が多いほど、黒く見えます。

同じ日本人でも顔が違うように、
黒髪と言っても人それぞれ、色が微妙に違うわけです。

先ほど、メラニン色素を含まないのが、
「白髪」と言いましたが、

日本人の白髪の場合、
なり始めは完全な「白」ではなく、
やや「黄色味」を帯びていることが多いです。

それは、

黒褐色のユーメラニンの生産が止まっても、
しばらくの間はフェオメラニンの生産が続いているから
と言われています。



巷ではすっかり茶髪が浸透し、
若者の髪は華やかな色になっていますが、
以上のことをふまえると、

ヘアカラーなどで明るい色にしている髪の方が
紫外線のダメージを受けやすいということなのです。

もちろん、紫外線のダメージ以上に、
ヘアカラーをした時点で
かなりのダメージが生まれてるんですけどね。
(こちらのほうがずっとコワイ!)

ここ数年、お子さんやペットまで染毛してしまう
お母さんが多くいますけど、
本当に大丈夫でしょうか?

もともと持っているメラニン色素を丸っきりぶち壊して、
違う色を入れるのが
ヘアカラーってモノです・・・

メラニン顆粒全体を「溶解」させるってことなのですよ。


今回はヘアカラーの原理のお話の前に、
ちょっと触り的にメラニン色素のお話をしてみました。

生まれ持ったものを壊してまで

「変えたい!」

というのは個人の自由ですが、
髪の色を明るくするには、
それなりの「覚悟」ってもんが必要なのです。

                             July.18.2006


関連記事

Cafe Bleu

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

1 Comments

美容室探偵団隊長 says..."私もブログ始めました。"
いつも勉強させていただいております。
私もブログを始めてみました。
業界の真実を私なりにこうじゃないのかな?と思えることを勝手に語るコナーです。
2006.08.02 02:01 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://cafebleu.blog14.fc2.com/tb.php/290-0afc92b5