OUR FAVOURITE SHOP

学ぶということ

Posted by Cafe Bleu on   0  0

DSC01359.jpg


先日、以前働いていた店のスタッフが遊びに来てくれました。

近況報告や、これからのことなど話してくれたのですが、
話を聞いていると、「えっ?!」と思うことが多すぎて、
どうしても話が途切れてしまいます・・・ 

ここ数年、何故か私、「人の話を聞く」という機会が
異様に多い・・・

悩み相談あり、苦情処理あり、
はたまた人生相談に至るまで、数限りなく。

しかし、

自分自身は他人に相談したり、
話を聞いてもらったりすることはあまりありません。 

というか、相談に乗ってくれるような立場の人間がいません…

が、そんな場合、たいがいは本を読んだり、調べたり、
TVや映画に共鳴したりで解決できてしまったりします。

日々、子供から教えられる事も多いですしね。
元々、人に聞くことを「悔しい」と思ってしまう、
性格だったりもしますし(笑)


さて、

遊びに来てくれたスタッフの子、
現在、様々な「講習会」に出席して、
色々と技術を学んでいるらしいのですが、

そのために、かなりの時間とお金を費やしているとのこと。

それを意気揚々と話してくれたのですが……

んん?何かが違うような気がする・・・???


--------------------------------

一般的に、
何かを学ぶには学校やスクール、
講習会などに行く事が当たり前の世の中ですよね。 

たとえば、お料理教室や英会話教室、最近だとパソコン教室など、
学ぶための場所はたくさんあります。

お金を払って出席すれば、
とりあえずは、いろんなことを教えてくれます。

でも、人から習う事は所詮、
その 教えてくれる人を超えることはできません。

「学ぶこと」とは、教えてもらうだけではなく、
自ら調べて、考えて、失敗して、
また考える。

そういうことだと思っています。

そして、教わったことを完全に自分のものにできた上で、
はじめて「オリジナル」に発展させることが出来るのです。

そこからさらに進化させてこそ、
人を感動させられる
感じさせる「何か」ができるのだと思います。

これは、趣味でも仕事でも同じことです。

「教えてもらう 」だけでは、
「 学んだこと 」にはなりません。

「スクール」に行っただけでは
「習得」したことにはならないと思います。

どうも、その辺のところを勘違いしている方が
多すぎるような気がします…

---------------------------------

私たち美容師の世界の
「見習い」「手習い」という言葉は、

見て習うこと、
手わざを見て、盗んで覚えるということです。

本や教科書では教えてもらえない、
「現場の声」というものが最も重要です。

そんなことは学校では教えてもらえません。

興味のある事は、
自ら進んで得ることが一番なのです。

人に聞く前にまず調べて、
実際自分でやってみて、
それでも駄目なら聞けばいい。 

そこまでして聞くから、
「なるほど」と思える実感が沸くのです。



「スクール」や「講習」という安易な方法で、
習得した気になっていませんか?

出来てる気になってなっていませんか?

ちゃんと自分のものになっていれば
なんの問題もありませんが、
もしかしてお金の無駄ってことなかったですか?(笑)


私は趣味でレザークラフトをやりますが、
「スクール」になんか行ってません。

本や製品を参考に、見よう見まねでやってます。

失敗したり、やり直したりですが
そんな繰り返しが、非常に楽しい!
そんなもんです。

-------------------------------------

話は変わりますが、

先日、「美容師からの疑問」という
質問コーナーを見る機会がありました。

「トリートメントに多く入っている栄養は何ですか?」
「トリートメントでの内部修復の時、どこに一番作用するのですか?」

「髪の毛のどこに一番水分を保てればパサつかないですか?」

「どうしてくせ毛になるんですか?」
「日本人はクセ毛と直毛どちらが多いんですか?」

「わかめを食べると髪が黒くなるってホントですか?」

私はがっかりしました……
 
これって、美容学校を卒業し、
れっきとした「美容師免許」を取得している
美容師が言ってることです。

彼らは、お客様からお金をいただく立場の人間です。

上に挙げた質問なんて、
ちょっと調べれば、簡単にわかること。

このブログをずっと読んでいる方なら、
すぐに答えられる程度の疑問ではないでしょうか?


もちろん美容学校の教科書にだって
書いてあったと思います。

他人に質問しないと解決できないような
難しい事柄ではないはずです。

だいたい、

お客様にこういったことを説明しなければいけない立場
の美容師が聞くこと自体、おかしいです。

調べれば分かることを、安易に聞いて済ませてしまおう的な
発想もよく分かりません。

でも、これが「現実」なんですよね・・・

こんな質問をする美容師って、
本当に「プロ」なんでしょうか?

この程度の人間が、
お金をいただいてしまっていいのでしょうか?

美容学校を出ているからって、
安易に信用してしまって、本当にいいもんなんでしょうか…

このような美容師が、私は腹立たしくてなりません。

何度も申しますが、お金を頂くプロとして本当に考えてください。

そうでなければ、

自分のこれからをもう一度考え直してください。
お願いします。  

 
                         March.20.2006  店主

関連記事

Cafe Bleu

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://cafebleu.blog14.fc2.com/tb.php/269-aedd8d1a