OUR FAVOURITE SHOP

フードファディズムにひとこと

Posted by Cafe Bleu on   2  0

DSC09593.jpg


「食べるだけで痩せる!」 

そんな謳い文句に負けて、
食品を買いに走ったことありませんか?

マスコミ等の影響で、
ある種の食品の効果が大げさに取り上げられ、

人々が熱狂的な購買に走るような現象を
「フードファディズム」と言うそうです。

テレビの番組で、「これを食べれば健康に!」とか
「これをいっぱい取ればダイエットできる」

などという食品が紹介され、
翌日にはその食品が売り切れて、
スーパーの棚から姿を消す、

という現象が、最近よく見られます。

(子供の頃の、オイルショックの時のトイレットペーパー
買占め騒動を彷彿とさせます。 ・・・古いな~おい)

メディアに乗せられて、
本質をつかもうともせず、
その情報を「鵜呑み」にしてしまう

って人が多いってことでしょうか?

うちのカミサンなんかも
年中そんなことで騒いでます。

そんな人にとっては、ちょっと耳の痛い話ですよね・・・・・

---------------------------------------

ひとつの食品が万病に効くかのように宣伝したり、
逆に体に悪影響があると不安をあおったり、

極端な情報発信を発信して、
消費者の興味を引く・・・・

そんな番組やCM、多いです。

TVから「食と健康」の話題が流れない日は
ないですからね。

そんな番組を観た後、

「早速買わなきゃ~」と買いに走るあなた・・・

その頃、業者やスーパーは、
××の放送日は△日だから○○を大量に仕入ておこう、

と、事前に大量に仕入れられた食品を、
山積みにして待ちかまえてます。

あなたの他にもテレビを観た人たちが、
ワンサカ訪れ買っていく・・・・

結果、その食品が品薄になる。

そして、需要に応えようと販売店側が
苦労して流通量を確保した頃には、
消費者も熱が冷めて見向きもしなくなる。

ヘタに需要に応えようとして設備投資などした日には、
あとで大変な目に遭うんではなかろうかと、
いらぬ心配までしてしまいます。

ブームが去った後、
別な意味で山積みされた食品たちを見かけるたび、

ちょっと寂しく思うのです。

-----------------------------------------------

これって、誰が得してるんでしょうね。

マスコミにみんなが踊らされている気がしませんか?

日本の国民性と言えば終わりですが、
儲け至上主義(その場だけ良ければ、後のことは知らない)
的に思えてなりません。

女性は「健康情報」の76%を、
テレビ・ラジオから得ているとの報告もあります。

つまり、自分で考えて行動するのではなく、
メディアより流された、断片的な情報や、
誤った情報を鵜呑みすることで

「過信」へと繋がり、
最終的な行動を決断するという事です。

そういうケースの場合、

効能を正しく理解していないことがあったり、
その成分のみを追い求めて食事をする
ということがよくあり、

「偏った食事」によって、
かえってからだの調子を悪くしてしまった人も大勢います。


こういうフードファディズム的考え方が
あまりに行き過ぎると

「ダイエット食品で肝機能障害?」とか
「痩せるお茶で死亡!」なんていう、

怖いニュースの元になってしまうわけです。 

行き過ぎて信頼するのはコワいことです。

テレビで取り上げられた健康効果のあるものが、
後の検証結果によっては、
全く効果がないと判明したものだってあります。

そして、そういったものはテレビではほとんど報道されません


-----------------------------------------

私はテレビでの 健康番組 も「娯楽」として観ますが、
「鵜呑み」にしないことにしています。

なぜなら製作者側の「思惑」が見えてしまうから。

売り上げが伸びるためにはどうすればいいか?とか、
テレビの健康番組のスポンサーはどこか?とか、
CMには何が流れている??とか

・・・・・・  

世の中、かなりナナメに見る性格。


マスコミは案外いい加減です。

視聴率を上げるためには、
あれもこれも無責任に打ち出します。

番組は毎週放送されているわけで、
毎週そんなに都合良く

健康にいい食品が「発見」できるわけはありません。

ネタづくりのためには、
大した確証もないのに
効能が大げさに語られることもあり得るわけです。

健康に良いことをするのは結構なことだと思いますし、
本当に有効なものもあるとは思います。

ですが、情報に踊らされることなく、
冷静に判断したいものです。

「これって、本当に正しいの?

            自分に必要?」



という客観的な目も、持つ必要があると思います。

「誰が何のために出す情報か」

をもう一度よく考えてみましょう。

---------------------------------

私事ですが、

「寒天ダイエット」が突如大ブームになった去年の夏、

単なる「ところてん」好きな私の口に
ところてん が運ばれる回数が
極端に減ってしまいました。

 ・・・・かなりいい迷惑です。

(どこかでもっと困った人がいたはずですね)

当時のお昼時、
どうしても食べたくなって、

「ココなら売れ残ってるかも?」

と入った近所のストア、
「ところてん」を見つけてレジに持っていったところ、
ダイエットと勘違いされたらしく、おじちゃんが、

「ところてんね~、
テレビでやったから、なかなか仕入れられないんだよね~。
ど~せ みんなすぐ飽きるんだけどね~

・・・・・・・と、

よ~くわかってらっしゃる!!!!

ところで、あれからずいぶん経ちましたが、
みなさん効果はあったんですかね~。 


                   March.08.2006   店主


関連記事

Cafe Bleu

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

2 Comments

いとん says..."こんにちは"
ランキングサイト見てたら記事が出ていたので、見にきました。
2006.03.08 15:47 | URL | #- [edit]
結人 says..."はじめまして。"
こんにちは、はじめまして。
フードファディズムの記事を書きまいた。
私は管理栄養士なので、患者さんや消費者がどれだけ食品に対して
過大評価をしているのかを身にしみる場合が多々あります。
まるで、TVで取り上げられた食品を魔法の食べ物かのように
毎日毎日食べ続ける人もいます。

薬は飲み忘れても、その食品は食べない日はないと言う人もいますね(笑

食品は所詮食品なのです。

健康には、三度の食事と適度な運動。
それに尽きることはありません。
2006.03.23 09:38 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://cafebleu.blog14.fc2.com/tb.php/268-7fb02f5a