OUR FAVOURITE SHOP

マット・ビアンコ  ヘビーローテーションな1枚

Posted by Cafe Bleu on   0  0

DSC09571.jpg

Matt’s Mood/ Matt Bianco

1stアルバム「Whose Side Are You On?(探偵物語)」から

実に20年ぶりに、
当時のオリジナルメンバーでのアルバムが
少し前にリリースされました。

※ オリジナルメンバーとは バーシア、マーク・ライリー、ダニー・ホワイトの3人。  
(松田優作でも薬師丸ひろこでもありませんよ!念のため。)





当時、お洋服屋さんで働いていた
私の担当はオシャレ系音楽。(なんじゃそりゃ?)

お店で流す音楽はスタッフの持ち寄りだったので、
ソウル担当、UK担当、フレンチ担当・・・な~んてかんじで

得意ジャンルを持って行っては
「コレいいでしょ~」なんて自慢合戦してました。


今はなき「六本木WAVE」に通うのが好きだった当時の私。

店長のオススメ的なコメントにつられて
「マット・ビアンコ」というちょっと変わった名前のグループの
ファーストアルバムを購入。

おすすめコメントにつられて購入することが多かった私、
聞いてみたら???ということがありがちだったのですが、

今回については大当り~(WAVEさんアリガトウ)


しかし1stアルバムリリース後、
バーシアとダニーはすぐに抜けてしまい、

その後バーシアとダニーは「バーシア」と言う名前で活動。
(彼女の歌声はCMなどでご存知の方も多いですよね?)

もう一方でマーク・ライリーは
1985年マーク・フィッシャーを誘い「マット・ビアンコ」の名のまま活動。

(どうりでセカンドアルバムを買ったらバーシアが歌っていなかったわけです。
昔はネットが無かったから そんな情報もなにも知らなかった・・・)


最近は日産ティアナのCMで
彼らの「what a fool believes」が流れてました。


-----------------------------------------------

ソロのバーシアも、その後のマット・ビアンコも
ずっと聴き続けてましたが、
やっぱり私の好きなのは初期のマット・ビアンコ。  

今回のリリースもFMで知り、すぐにCDを買ってしまいました。
 
ファンク、ラテン、ジャズ、ボサノヴァ、ア・カペラ・・・
いろんなジャンルのいいとこ取りで、
あいかわらずとっても聞きやすい一枚でした。

スパイ物の音楽が好きな3人ということで、
それっぽいちょっと妖しい感じの曲もまたイイのです。


天気のどんよりした日や静かな夜は「バーシア」、
元気が欲しいときや夏になるとマークの方の「マット・ビアンコ」が
聞きたくなる。

何を買っても「あたり」のおすすめアーティストです。


お店を始めて、再び 一日じゅう音楽漬けの毎日。

仕事が終わってWAVEに通っていたあの頃みたいな感覚が
よみがえってきています。

さあ、明日は何を流そうかな~♪


Matt’s Mood

→Matt Biancoを探す 

                                  July.19.2005  fumi


関連記事

Cafe Bleu

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://cafebleu.blog14.fc2.com/tb.php/21-6c0462fe