OUR FAVOURITE SHOP

髪の構造はのり巻き

Posted by Cafe Bleu on   1  0


髪は、「爪(つめ)」と同じように
肌の角質層が変化してできたものです。

肌の角質層と同様、主に「ケラチン」という
たんぱく質でできた、

死んだ細胞の集まりなのです。 

ケラチンとは角質蛋白のこと。
(爪、牛の角、羊の毛もケラチンです)

爪が割れたり欠けたりしたら、
皮膚の傷のように
自然に治ることはありませんよね。 

髪もそれと同じです。

傷ついたとしても、「痛い!」と感じないので、
気づかないうちに傷みが進行しやすく、

しかも

その傷みが自然に修復されることは
           決してありません
。 

だから、傷つかないように
「日々のケア」が大切なのです。

反対に、毛根は「生きている細胞」なので
活発に働けるようにしてあげることが大切です。   


kami-a.jpg 毛髪は大きく分けて
 「3層」から構成されていて、

 その構造はのり巻きみたいな
 形をしています。


 ◆かんぴょう = メデュラ
 ◆米  = コルテックス
 ◆のり  = キューティクル

 成分は大部分が
 ケラチン「たんぱく質」です。


-----------------------------------------
◆ かんぴょう= メデュラ(毛髄質) 

毛髪中心にある空気の層で、「芯」のような状態で
存在しています。

毛髪の「保湿」機能を高める働きが
あると言われています。

(たとえば、シカの冬毛は ほとんどこのメデュラのみ
で出来ています。)

毛髪によっては鉛筆の芯のように完全につながったもの、
所々が切れているもの、
あるいは全く無いものなどがあります。

人によってあったりなかったり、
同じ人の髪でも あったりなかったりします。

太い毛髪ほどメデュラの量が多く、
細いほど少なくなります。

(赤ちゃんの髪の毛には無い)

一般にメディラの多い毛髪の方が
パーマがかかりやすく、

少なくなるにしたがい
かかりにくくなると言われています。

(猫っ毛にはパーマがかかりにくいという所以)

--------------------------------------------
◆ 米粒= コルテックス(毛皮質)

髪の重さの「85~90%」を占めるコルテックスは、
「水分量」や髪の「弾力」などを決める組織です。

髪の毛の色や質を決定する重要な部分。
(メラニン色素もここに存在します)

ここはフィブリルという
縦に並んだ「繊維」状のタンパク質と、

それをバラバラにならないように
「糊」で固めるような役目をした マトリックス
という間充物質で満たされています。

マトリックスは毛髪全体の「約50%」も占めており、

パーマがかかったり、
カラーが染まったり、
セット ブローなど

ほとんどがこの部分に化学的・物理的
に作用しているのです。 

髪の毛の中でも「最も大切な物質」ってことです。 

なんらかの損傷によって、この組織が流出すると
「乾燥毛」になります。

つまり、

傷んだ髪とは「マトリックスが少なくなった髪」
のことをいい、

マトリックスの少なくなった髪は、
パーマ・カラー・セット・ブロー、

何をしても上手くいきません。 

・・・「のり巻き」をつくるとき
米粒がパラパラだったら、
上手く巻けませんよね。

そういうことです。


-----------------------------------------------
◆ のり= キューティクル(毛表皮) 

ご存知キューティクルは
毛髪表面をウロコ状に覆っています。

キューティクルが整っていると
髪に輝くようなツヤが出ます。

キューティクルは
1枚が3層の構造になっていて、
内側のコルテックスを保護しています。

硬い半面、
摩擦などの物理的刺激には弱く、

乱暴なプラッシングなどで
傷ついたり
剥れたりします。

キューティクルが損傷を受けるということは、
外壁がなくなったり
隙間が生じるようなものです。 

本来保護しなければならない
マトリックスが流れ出し、
フィブリル繊維がバラバラになってしまうと・・・

見た目も手触りもパサパサのダメージヘアに。
さらに悪化すると枝毛や切れ毛に進行します。

また、

キューティクルは乾燥すると引き締まり、
水分に触れると開く、

という特徴があります。

濡れたまま寝てはいけない理由
わかりますよね?

毛髪の状態が良い?か悪いか?は、
このキューティクルの状態によって
判断することができます。

ダメージを防ぐにためには
キューティクルを保護することも
大切ということです。



今回はすこし専門的な話でしたが、
「髪の構造」、ちょっとだけ頭に入りました?

(本当はもっと複雑なのですが、
みなさんは美容師になるわけではないので、
わかりやすいよう簡単にしてみました。)

◆ 髪は爪と同じ、たんぱく質(ケラチン)

◆ メデュラ(かんぴょう)は、
人によって 太い細い、有無はそれぞれ。

◆ コルテックス(米粒)は、
フィブリルという繊維と、
それをくっつけるマトリックスという接着剤
のようなもので構成されている。

マトリックスが流出してしまうと「傷んだ髪」となり、
パーマもカラーもブローも上手くいかない。

◆ キューティクル(海苔)は
髪のツヤの有無を決めるもので、
髪の中身(コルテックス)を出さないように守る
「外壁」の役割をしている。


・・・この仕組みがわかっていると、ご自身のダメージ対策や、
今後お話しする髪についての解説にも役立つと思います。

どうか頭の片隅に入れておいてくださいませ。


”あなたの「のり巻き」、美味しそうですか?”

                                September.30.2005 店主


ちょっと一息、おさらいコーナーは →コチラ



関連記事

Cafe Bleu

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://cafebleu.blog14.fc2.com/tb.php/122-657a1a84