OUR FAVOURITE SHOP

ハサミを研ぐということ

Posted by Cafe Bleu on   1  0

DSC09968.jpg

先日、研ぎ師さんに来てもらってハサミを研いでもらいました。

私は 常にいい仕事をしたいので、
ハサミをまめに研ぎます。

刃付けの角度や研ぎ面の研磨により、

「髪の毛への影響」が出てしまうから・・・

きちんと研がれたハサミで切ったか否かは、
1~2ヵ月後 ハッキリとした違いとして現れます。

研いでいないハサミで切られた髪は、
毛先がパサついたり 「枝毛」になったりもします。

パーマもその影響を受けやすく、
「チリつき」・「ゴワつき」は、

研がれていないハサミによる
カットの影響が大きいと思われます。

研がれていないハサミでのカットが行われた上、
薬液にも配慮がなければ
一発でパサパサヘアーの出来上がりです。

(ただし、今はそのパサツキをがカッコイイというスタイル
 もあるので一概にダメとは言えませんが・・・)


ハサミを研ぐということ・・・

それは何気ない「当たり前」のことですが、
これが意外と重要ということがお分かりいただけたでしょうか?

カット技術うんぬん・・・以前の問題なのです。

------------------------------------

美容師にとってのハサミという物・・・

大切な「仕事道具」ですので、
髪への影響が少なく 結果が伴うよう
出来る限り心がけて、良い物を選ぶようにしています。

しかし良いハサミと言う物は値段が高く、
一丁10万円以上するなんてよくある話。

高い物になると40~50万円なんて価格に
なってしまうのですから、きりがありません・・・

でも、

「用途」に合わせた「適切」な物を選ぼうとするには、
しかたのない金額なのだとも思っております。

・・・金額が高いから良いかといえば、
それも違うとは思います。

でも、ハサミにこだわらなすぎるのも、
職人として疑問が残ります。

(研がないなんて論外!)


--------------------------------

実のところ、

お客様のご要望に合わせ
適切なものを選ぶ技術が 一番大切で、

道具の他にも、薬剤、色選び etc・・・

お客様ひとりひとりにとって

一番適したものを選べる人間


でありたいと思います。

だから常々思うことは、
お客様への過剰サービス(マッサージ・笑顔・割引)に
こだわることよりも、

お客様に本当に
「喜ばれる結果を提供できること」なのだと思っています。

わたしがマメにハサミを研ぐのは、
道具へのこだわりや愛・・・

というよりも、

「お客様の髪を大事にしたい」
という思いからのほうが大きいのです。


カッコイイ表現のようですが、
本当に必要なサービスとは「心」ですよね。

小手先の その場しのぎの技術の前に、

「本当にきれいになってもらいたい」

という 心(嘘を言わない)の方が
大切だと本気で思っています。  

                       September.05.2005 店主


関連記事

Cafe Bleu

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

1 Comments

さすらいの研ぎ師、研ぎT says...""
さすがのご意見です。現場の意見として一年に一回も研がない美容師さんは確かに存在します。そういう美容師さんに限って安くて「おもちゃみたいなはさみ」を使っていたりします。そういう状況に出くわすと、髪を切りに来ているお客さんは、髪を傷めに来てるみたいなもので、かわいそうだと思います。その点、CAFE BLEUさんは、はさみ屋からみて、髪を切りたい人に安心してお薦めできるお店です。宇都宮地域の方は、ぜひ行って見て下さい。
2005.12.02 23:45 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://cafebleu.blog14.fc2.com/tb.php/102-7ff4c631